読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

今年最大のLINE上場、時価総額1兆円 終値は4345円と伸び悩み

f:id:obaco:20160715200124j:plain

[東京 15日 ロイター] - 韓国ネイバー(035420.KS)傘下の無料対話アプリ会社LINE(3938.T)(LN.N)が15日、東証1部に新規上場した。初値は公開価格3300円を48.4%上回る4900円。初値での時価総額は約1兆円と、今年最大の新規株式公開(IPO)となった。一時、5000円まで上昇し、先に上場したニューヨーク市場よりも好調な滑り出しとなったが、徐々に伸び悩み、終値は4345円にとどまった。

内藤証券・投資調査部長の田部井美彦氏は、LINEの好調な初値形成について「米市場が堅調な値付きだったため、東京市場で買い安心感が広がったほか、円安進行を背景に日経平均も上昇しており、地合いの良さが追い風となった」と指摘する。初日の売買代金は1049億円とトヨタ自動車(7203.T)の781億円を上回る人気ぶりとなった。

また「大口の機関投資家などに公募の割り当てが少なく、セカンダリーの買い需要を生んだ」(国内証券)との見方も出ている。公募株数は海外の2200万株に対し、国内では1300万株と少なく、そのうち機関投資家への割り当ては13%にとどまった。

LINEは4日、投資家の需要の強さなどを反映し、1株当たりの仮条件を従来の「2700─3200円」から「2900─3300円」に引き上げた。公開価格は仮条件上限の3300円だった。

ただ、初値形成後は上げ幅を縮小。ニューヨーク市場での終値41.58ドル(約4380円)にさや寄せする形となった。

今後の展開について、ちばぎんアセットマネジメント調査部長の奥村義弘氏は 「シェアが大きい日本では期待先行で初値も堅調だったが、グローバルに見れば競合相手も多く、今後の成長性が見えにくい。利益が追い付かないと株価の上値も重くなる」とみる。

同社の2015年通期の売上高は前年比39.6%増の1207億円。対前年で2.18倍の増加となった14年通期と比較すると、業績の伸びは鈍化。きょう終値ベースの株価収益率(PER)は233倍、株価純資産倍率(PBR)が42倍と、バリュエーションでは説明が付けにくい水準だ。

一方、LINE関連株は大幅安となった。LINE内の仮想通貨の販売で代理店契約を締結するアドウェイズ(2489.T)がストップ安となったほか、GMO TECH(6026.T)、ネットイヤーグループ(3622.T)、フリークアウト(6094.T)、ネオス(3627.T)なども軒並み10%超の下げとなった。


2016年 07月 15日 18:00 JST ロイター

 

 

LINE、米で上場…初値42ドル

f:id:obaco:20160715003220j:plain

ニューヨーク証券取引所への株式上場を祝うライン関係者ら=有光裕撮影

 【ニューヨーク=有光裕】無料通話アプリのLINEが14日、ニューヨーク証券取引所に株式を上場した。

 初値は42ドルと、公開価格(32・84ドル)を28%上回った。東京証券取引所1部には15日に上場する。公開価格(3300円)で計算すると時価総額は6900億円規模で、今年最大級の新規上場になる。

 市場関係者によると、日米での公募・売り出し株数に対する応募倍率は25倍程度だったという。市場には「成長が鈍っている」との見方もあるが、東証での初値も公開価格を上回るか注目される。

 LINEは日米同時上場によって約1300億円を調達し、広告・宣伝や技術開発に充てて海外事業を強化する。日本以外では、台湾、タイ、インドネシアを主要市場と位置づけており、資金を集中的に投じて収益力を高める方針だ。

2016年07月14日 23時28分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
 
 
 

LINEが米国で上場 海外市場の開拓加速

f:id:obaco:20160714235047j:plain

14日、株式を上場するLINE(ライン)の横断幕が掛けられた米ニューヨーク証券取引所(共同)

 【ニューヨーク共同】無料通信アプリを手掛けるLINE(ライン)は14日、ニューヨーク証券取引所に株式を上場した。15日には東京証券取引所でも上場し、日米同時上場する初の企業となる。上場に伴い約1200億円の資金を調達。米国上場で知名度も向上させ、海外市場の開拓を加速する。

 英国の欧州連合(EU)離脱問題などで金融市場が一時混乱したものの、LINE株に対する投資家の関心は高く、米国での公開価格は1株当たり32.84ドルと、事前の仮条件をやや上回る水準に設定された。

 LINEのアプリ利用者は日本と台湾、タイ、インドネシアの4カ国・地域が7割を占める。

2016/07/14 23:01   【共同通信