読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

連続強盗殺人事件、27歳被告に死刑判決 前橋地裁

 前橋市で2014年、高齢者2人を殺害し、1人に重傷を負わせたとして、強盗殺人などの罪に問われた土屋和也被告(27)の裁判員裁判で、前橋地裁は20日午前、検察側の求刑通り死刑とする判決を言い渡した。鈴木秀行裁判長は「高齢者を無差別的に狙い、悪質極まりない。犯行は執拗(しつよう)で残虐」と述べた。被告側は即日控訴した。

 判決によると、土屋被告は14年11月、前橋市内の小島由枝さん(当時93)方に侵入し、小島さんの顔や首をバールで殴ったり、包丁で刺したりして殺害し、現金5千円などを奪った。約1カ月後には、小島さん方から約700メートル離れた川浦種吉さん(同81)方でリンゴ2個を盗み、川浦さんを包丁で刺して殺害し、80代の妻に重傷を負わせた。

 判決は動機について「仕事を辞め、借金返済に窮して大金を得ようとした」と指摘。殺傷能力の高い凶器を準備していた点などから、「用意周到とはいえないが計画性があった」とした。

 「衝動を抑えにくいパーソナリティー障害が犯行に強い影響を与えた」と弁護側は主張したが、判決は「犯行の決意は障害の影響とみるべきではない」と退けた。

2016年7月20日15時03分 朝日新聞デジタル

 

 

高齢者3人殺傷に死刑判決 前橋地裁「計画的で残虐」

 前橋市で2014年、高齢者2人を殺害して1人に重傷を負わせ、現金や食料を奪ったとして強盗殺人罪などに問われた無職、土屋和也被告(27)の裁判員裁判の判決で、前橋地裁は20日、求刑通り死刑を言い渡した。弁護側は即日控訴した。

 鈴木秀行裁判長は判決理由で「悔い改めることなく人命軽視の強盗殺人を2回行い、2人の命を奪い、1人に後遺症の残るけがを負わせた。結果は重大」と指摘。

 「自分よりはるかに小柄で非力な高齢者に対する一方的な凶行で、卑劣かつ冷酷。稚拙だが計画的犯行で、強固な殺意に基づく執拗で残虐な殺害方法だった」と厳しく非難した。高齢者が多く住む住宅街で連続発生した無差別犯行で、社会的影響も大きかったとした。

 弁護側は、被告は広汎性発達障害のほか不遇な生い立ちからパーソナリティー障害を無自覚に抱え、「障害の影響で衝動的に攻撃した」などと主張。殺意に関して争い、無期懲役を求めていたが、判決は「犯行を決意したのは障害の影響によるものでない」と退けた。

 判決によると、土屋被告は14年11月上旬、借金返済と生活苦のため、顔を見られるなどした場合には家人を殺害することを想定した強盗を計画。同月10日、市内の小島由枝さん(当時93)宅に侵入して小島さんをバールや包丁で殺害し、現金約7千円などを強奪。同12月16日には川浦種吉さん(当時81)宅でリンゴ2個を盗み、川浦さんを包丁で刺して殺害、妻に重傷を負わせた。〔共同〕

2016/7/20 13:39 日経新聞

 

 

「通り魔的で無差別的」前橋の連続強殺、被告に死刑求刑

 前橋市で2014年、高齢者3人が相次いで殺傷された事件で、強盗殺人などの罪に問われた無職土屋和也被告(27)の裁判員裁判が11日、前橋地裁(鈴木秀行裁判長)であり、検察側は死刑を求刑した。弁護側は最終弁論で死刑回避を求める方針。

 起訴状によると、土屋被告は14年11月、前橋市日吉町の小島由枝さん(当時93)宅に侵入し、小島さんをバールで殴ったり、包丁で突き刺したりして殺害し、現金5千円などを奪ったとされる。約1カ月後には、小島さん宅から約700メートル離れた川浦種吉さん(当時81)宅に、金品を盗む目的で侵入し、リンゴ2個を盗み、川浦さんを包丁で数回刺して殺害し、80代の妻に重傷を負わせたとされる。

 検察側は論告で、被害者3人と土屋被告に面識のないことなどから「通り魔的で無差別的な犯行」と指摘。犯行の計画性や被害者の数など、死刑判断の基準となる「永山基準」を考慮した上で、「命をもって、罪を償わせることがやむを得ない」と主張した。

 弁護側は、殺意の強さや犯行の計画性について争っており、土屋被告には、衝動を抑える力が乏しいなどの特徴のあるパーソナリティー障害があるとして、情状酌量を訴える方針。

2016年7月11日15時13分 朝日新聞デジタル