今日のニュース

気になったニュース

ド派手な焼き芋販売車 「美と力と味と道が合体」の芸術

f:id:obaco:20150207113229j:plain

岡本太郎賞の「金時」(Yotta)=川崎市岡本太郎美術館提供

 第18回岡本太郎現代芸術賞の入賞作品が決まった。最優秀の岡本太郎賞には男性2人組の現代アート・ユニット「Yotta(ヨタ)」の「金時」が選ばれた。派手なデコレーションを施した焼き芋販売車で、「美と力と味と道が合体した」などと評されている。

 芸術賞は岡本太郎の精神を継承しようと設けられた。川崎市岡本太郎美術館多摩区)と岡本太郎記念現代芸術振興財団が主催する。今回は国内外から672点の応募があり、まず入選作27点が選出された。その中から大学教授ら5人の審査員が太郎賞などを選び、今月2日に発表した。

 最優秀に次ぐ岡本敏子賞には「近代化という概念、美術をめぐる制度の噓(うそ)臭さをグサリと突く姿勢」が評価された久松知子さんの巨大な絵画「レペゼン 日本の美術」が選ばれた。ほかに4点の特別賞も決まった。

 美術館では3日から、入選作を展示する企画展が開かれている。会期中、土日祝日にはYottaが焼き芋を販売するパフォーマンスもある。ほかに、来館者による作品の人気投票や、出品作家によるトークなどのイベントも行われる。

 4月12日まで。午前9時半~午後5時(入館は4時半まで)。一般600円、高校・大学生と65歳以上400円。中学生以下無料。月曜日と今月12日休館。問い合わせは美術館(044・900・9898)。

2015年2月7日09時41分 朝日新聞