今日のニュース

気になったニュース

シャープ、通期最終損益は300億円の赤字転落

f:id:obaco:20150203145054j:plain

[東京 3日 ロイター] - シャープ (6753.T: 株価, ニュース, レポート)は3日、2015年3月期の連結最終損益が300億円の赤字(前年同期は115億円の黒字)になると発表した。従来予想の300億円の黒字から一転して赤字となる。

中国スマートフォンスマホ)向けに出荷が好調だった中小型液晶は、想定外の価格圧力で採算が悪化。今期の液晶事業の営業利益計画は、従来計画の550億円から400億円に下方修正した。

さらに、円安進行で白物家電事業の通期営業利益は従来計画の190億円の黒字から180億円に、テレビ事業を中心とするデジタル情報家電は赤字に陥る。

売上高予想は前年比0.9%減の2兆9000億円を据え置いた。営業利益予想は同53.9%減の500億円(同1000億円)に下方修正。

シャープが13年5月に策定した13―15年度の中期経営計画では、最終利益が今期は400億円、来期は800億円の計画だったが、2年目で達成を断念。15―17年度の計画に練り直す。(村井令二)

 

2015年 02月 3日 14:10 JST ロイター

 

シャープ、最終損益が300億円の赤字 液晶事業が不振 15年3月期

 シャープは3日、2015年3月期通期の連結最終損益が300億円の赤字(前期は115億円の黒字)になる見通しだと発表した。前期比2.6倍の 300億円の黒字とする従来予想から、一転して赤字の見通しになる。急速な円安進行や競争激化による中小型液晶の価格下落など、想定を上回る経営環境の変 化に対応が遅れ収益が悪化したため。

 売上高は前期比1%減の2兆9000億円とする従来予想を据え置いたが、営業利益は54%減の500億円(従来予想は8%減の1000億円)に下方修正する。年間配当は前期と同じゼロとする予定を変えなかった。

 併せて発表した2014年4~12月期の連結決算は、売上高が前年同期比3%減の2兆904億円、営業利益が37%減の512億円、最終損益が71億円の赤字(前年同期は177億円の黒字)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

2015/2/3 13:48 日経新聞