今日のニュース

気になったニュース

反日招く?旧日本軍描いたアンジー監督の米映画

  【ワシントン=井上陽子】戦後70年に当たる今年、米女優アンジェリーナ・ジョリーさんが監督を務めた映画「アンブロークン(原題)」が話題を集めている。

 ただ、同作は1月30日から中国で公開されており、旧日本軍の「残虐性」が描かれているため、制作側の意図を離れて反日感情が高まる可能性も指摘されている。

 米国ではこれまでも、第2次大戦の激戦地である硫黄島の戦いを描いた「硫黄島の砂」(1949年)や、「太陽の帝国」(87年)、「パール・ハーバー」(2001年)など、日本にまつわる戦争映画が数多く作られてきた。

 真珠湾攻撃の際に、日本側の予告が遅れた点などをとらえ、中には、旧日本軍の「卑怯ひきょうさ」や「残酷さ」を強調したものも珍しくない。

 一方、クリント・イーストウッド監督による2部作「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」(06年)は日米両国の視点から中立的に描いた作品として評判となった。南カリフォルニア大のリピット水田あきら教授(映画論)は「『硫黄島からの手紙』など、むしろ、こうした傾向が珍しかった」と語る。

 「アンブロークン」は、米国で昨年のクリスマスに公開され、全米3300館以上で上映された。米国以外でもすでに30か国以上で公開されている。日本での公開は未定だ。

 だが、映画には旧日本軍による虐待を強調した場面がある。さら に、映画の原作となった小説では「(捕虜が)生きたまま食べられた」などの極端な描写もある。映画には、この場面はないが、こうした点から、日本では、反 日的な映画と受け止められ、警戒がある。日本の外務省関係者の間でも、制作時から映画の内容に懸念の声が出ていた。

 旧日本軍による虐待の場面について、リピット教授は「古くから ある描き方で、新しさは感じなかった」と指摘。その一方で、ハリウッドの映画業界は近年、中国市場に注目しているとし、「中国で好まれる映画であることは 確かだ。制作側に反日の意図がなくとも、利用される可能性はある」と分析している。

2015年02月03日 07時35分 Copyright © The Yomiuri Shimbun