今日のニュース

気になったニュース

「夫を誇りに思う」後藤健二さんの妻が声明

 「紛争地域の窮状を伝えた夫を誇りに思う」。後藤健二さんの妻は1日、英国のフリージャーナリストの支援団体を通じ、声明を発表した。

 後藤さんの所在がわからなくなってから、2歳の娘、そしてシリアに旅立つ3週間前に生まれたばかりの娘とともに、無事の帰国を待ち続けた妻。声明では最悪の結末を伝えた知らせについて、「家族は悲しみに打ちひしがれている」と語った。

 大きな喪失を感じる一方、「子供たちの目を通して、戦争の悲劇を伝えることが彼の情熱だった」とし、「イラク、ソマリア、シリアなどの紛争地域の窮状を伝えた夫を、今もこの上なく誇りに思う」とコメントした。

 その上で、「この困難な数か月間、私たち家族を支えてくれたすべての人に感謝したい」と謝意を示した。

2015年02月02日 08時43分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

後藤さんの妻「夫をとても誇らしく思う」 声明発表

  フリージャーナリスト後藤健二さん(47)の妻が1日深夜、英国拠点のフリージャーナリスト 支援団体「ロリー・ペック財団」などを通じて英語の声明を発表した。「家族と私は悲しみにうちひしがれています。彼は愛する私の夫であり、2人のすばらし い子供の父親であっただけでなく、世界中の多くの人たちの友人でした」としている。

 「大きな喪失感を感じています」とする一方で、「イラクソマリアシリアのような紛争地帯で人々の苦境を報じた夫をとても誇らしく思います」と後藤さんのジャーナリストとしての功績をたたえた。「特に子供の目線で、普通の人々への影響に光を当て、戦争の悲惨さを私たちに伝えることに情熱を注ぎました」ともつづっている。

(ロンドン=渡辺志帆

     ◇

 後藤さんの母、石堂順子さん(78)は1日午前、東京都内の自宅で報道陣の取材に応じ、「健二は旅立ってしまいました。あまりにも無念な死を前に、言葉が見つかりません」と声を振り絞るように話した。

2015年2月2日01時38分 朝日新聞