今日のニュース

気になったニュース

乗用車が橋脚に衝突、男女5人死亡…高松

f:id:obaco:20150131120423j:plain

橋脚に激突し、大破した乗用車(31日午前6時23分、高松市の高松南署で)=佐々木伶撮影

  31日午前2時40分頃、高松市勅使(ちょくし)町の国道11号で、乗用車が中央分離帯に乗り上げた後、左側面から高松自動車道のコンクリート製橋脚に衝突した。

 車は大破し、乗っていた男性3人と、ともに16歳で高校1年の女子生徒2人の計5人が病院に搬送されたが、頭や胸などを強く打っており、全員の死亡が確認された。

 香川県警高松南署の発表によると、5人はいずれも高松市牟礼町に住む介護士安部純弥さん(21)と会社員池上虎(こ)太郎さん(20)、同米沢圭祐さん(18)、高校1年鈴木真由さん、同池上舞茉(まり)さん。車を所有する安部さんは運転席、池上虎太郎さんが助手席、他の3人は後部座席で見つかった。

 現場は、JR高松駅の南西約5・5キロで、見通しの良い片側3車線の直線。上を高松自動車道が走っている。同署によると、車はかなりのスピードで中央分離帯に接触し、乗り上げて横滑りしたらしい。ブレーキ痕やスリップ痕はなかったという。
2015年01月31日 11時17分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

乗用車が橋脚に衝突、男女5人死亡 高松の国道

f:id:obaco:20150131083038j:plain

男女5人が死亡する事故があった現場=31日午前5時30分、高松市勅使町

 31日午前2時40分ごろ、高松市勅使町の国道11号で普通乗用車中央分離帯の橋脚に衝突、乗っていた男女5人が病院へ搬送されたがまもなく死亡が確認された。香川県警によると、亡くなった5人は20歳前後だといい、身元の確認を進めている。

 高松南署によると、現場は片側3車線の見通しの良い直線道路。乗用車は中央分離帯に乗り上げ、国道と並行している高速道路の橋脚に衝突したとみられる。

2015年1月31日06時39分

 

単独事故で男女5人死亡、高松

 31日午前2時40分ごろ、高松市勅使町の国道11号で、乗用車が高松自動車道の橋脚に激突して大破し、乗っていた男性3人と女性2人の全員が死亡した。高松南署によると、5人はいずれも20歳前後で即死とみられる。

 同署によると、車は片側3車線の直線を西から東に向かって走行中で、中央分離帯に乗り上げた後、橋脚にぶつかった。

 現場は高松自動車道高松壇紙インターチェンジの東約1キロ。市の中心部南の郊外で、飲食店や工場などが点在している。

 高松南署は、車が相当スピードを出していた可能性があるとみて、事故原因を調べている。