今日のニュース

気になったニュース

「期限」過ぎ政府に緊張 首相「後藤さん解放へ全力」

f:id:obaco:20150130130230j:plain

衆院予算委で答弁する安倍首相(30日午前)

  中東の過激派「イスラム国」が人質にしている後藤健二さん(47)の解放条件として求めた死刑囚の引き渡し期限が過ぎた30日、日本政府は後藤さん解放に 向けた取り組みを続けた。ヨルダンのモマニ・メディア担当相は29日午後(日本時間同日夜)、イスラム国が拘束中のヨルダン軍パイロットの生存確認が必要 として、収監中の死刑囚の身柄が依然ヨルダン国内にあると明かした。

 安倍晋三首相は30日朝、首相官邸岸田文雄外相に会い「事態は推移 しているので、引き続き緊張感を持って対応するように」と指示した。午前の衆院予算委員会では「情報収集・分析を進めてヨルダン政府に協力を要請しなが ら、後藤さんの解放に向け全力を尽くしている」と重ねて強調した。民主党後藤祐一氏への答弁。

 菅義偉官房長官と岸田外相は事件対応にあ たるため、午前9時からの予算委を途中で退席し、それぞれ官邸と外務省に戻った。外務省幹部は「様々な情報が飛び交っているので確認し、対応を検討するた めだ」と述べた。外相はヨルダンの夜明けを待って、中山泰秀外務副大臣が指揮を執るアンマンの現地対策本部と連絡をとるとみられる。

 イス ラム国を名乗る組織は29日日没(日本時間午後11時半ごろ)までにヨルダンで収監中のサジダ・リシャウィ死刑囚をトルコ国境に移送しなければ、パイロッ トを殺害するとしていた。モマニ氏はパイロットの生存を確認できる証拠を得た後でなければ死刑囚引き渡しに応じないと表明した。

 菅長官はモマニ氏の発言に関して「色々な駆け引きの中での発言だと思う」と述べた。ヨルダン政府とイスラム国の交渉が続いているかは「申し上げる立場にない」と語った。

2015/1/30 11:36 日経新聞

 

後藤さんの安否、首相「答弁控えたい」 人質事件

 安倍晋三首相は30日午前、衆院予算委員会に出席し、過激派組織「イスラム国」に拘束されているフリージャーナリスト後藤健二さん(47)の安否について、「現時点において事案が続行中なので、答弁は控えたい。しっかり情報収集、分析を行い、ヨルダン政府をはじめ協力も要請しながら、後藤さんの解放に向けて全力を尽くしている」と述べた。民主党後藤祐一氏の質問に答えた。

 「イスラム国」は、イラク北部モスルの29日日没(日本時間同日午後11時半ごろ)までに、後藤さんとヨルダンが収監する死刑囚を交換する用意ができなければ、「イスラム国」が拘束しているヨルダン軍パイロットを殺害するとしていた。

 首相は予算委員会に先立つ30日朝、岸田文雄外相から首相官邸で現状報告を受け、「引き続き緊張感を持って対応するように」と指示した。岸田氏は閣議後の記者会見で、30日がヨルダンの アブドラ国王の誕生日であると指摘。「状況を勘案し、在留邦人の安全確保のためにスポット(地域)情報を出して注意喚起を行った」と述べた。また、後藤さ んの妻が夫の救出を求める声明を出したことについて「後藤さんが行方不明になってから後、政府は夫人と緊密に連絡を取っている。事態は推移しているので、 後藤さん解放に向け全力で取り組みたい」と語った。

 菅義偉官房長官は、事件の現状について30日午前の記者会見で、「いままで申し上げた以上の動きはない」と説明した。

2015年1月30日11時25分 朝日新聞

 

政府、トルコでも後藤さん解放の対応準備

 29日午後11時30分を期限とする新たなメッセージが出され、日本政府は緊急の関係閣僚会議を首相官邸で開くなど情報収集と対応の検討に追われた。

 ただ、ヨルダン政府とイスラム国の水面下の交渉の行方を事前に把握するのは困難で、政府はヨルダン政府の対応を見守った。

 ヨルダン・アンマンの現地対策本部で指揮を執る中山泰秀外務副大臣は現地の29日午前(日本時間29日午後)、記者団に、「しっかりと政府一丸となって、後藤さんの救出に頑張る。その目的完遂だけだ」と語った。

 菅官房長官は29日午後の記者会見で、ヨルダン政府とイスラム 国の人質交換交渉の行方について、「ヨルダン政府と連絡しながら取り組んでいるが、事態が動いている段階で発言するべきではない」と述べ、明らかにしな かった。政府高官は同日夜、「ヨルダン政府からの具体的な情報はない」と述べた。

 イスラム国による過去の人質事件では、シリアと国境を接するト ルコ南部で人質が解放されるケースが多い。後藤さんの場合も同様の可能性が指摘されている。菅氏は会見でこの点を問われると、「在トルコ日本大使館では、 様々な問題に対応できる態勢で取り組んでいる」と語った。

 午後に開かれた関係閣僚会議で、安倍首相は、「関係国の協力も得ながら、情報収集や分析をさらに強化し、しっかり対応していく必要がある」と指示した。

2015年01月30日 09時23分 Copyright © The Yomiuri Shimbun