今日のニュース

気になったニュース

死刑囚なおヨルダンに 後藤さん解放見えず

f:id:obaco:20150130003758j:plain

報道関係者らが多数待機する中、日没間近となったトルコ南東部アクチャカレの国境検問所(29日)=共同

  【アンマン=久門武史】中東の過激派「イスラム国」が人質にしている後藤健二さん(47)の解放条件として要求した死刑囚の引き渡し期限が29日に過ぎ た。ヨルダンのモマニ・メディア担当相は同日、イスラム国が拘束中のヨルダン軍パイロットの生存確認が必要として、収監中の死刑囚の身柄が依然ヨルダン国 内にあると明かした。後藤さん解放の道筋は見えないままだ。

 イスラム国を名乗る組織が29日、インターネット上に新たに公開した声明では、同日日没(日本時間午後11時半ごろ)までにヨルダンで収監中のサジダ・リシャウィ死刑囚をトルコ国境に移送しなければ、パイロットを殺害するとしていた。

 モマニ氏はパイロットの生存を確認できる証拠を得た後でなければ、死刑囚の引き渡しに応じないと表明した。犯行組織側の反応は明らかになっていない。

  ヨルダン政府は28日、パイロットを解放するなら死刑囚釈放に応じる用意があると表明していた。これに先立つ27日、犯行組織は24時間の期限を設け、後 藤さんと死刑囚の「1対1」の身柄交換を要求した。パイロットの救出を「最優先」と位置づけるヨルダン政府とイスラム国の主張には大きな隔たりがある。

2015/1/30 0:13 (2015/1/30 1:50更新) 日経新聞

 

イスラム国」機関誌、ヨルダン軍パイロットの記事掲載

f:id:obaco:20150129162106j:plain

カサースベ中尉のインタビュー記事や写真が掲載された「イスラム国」の英字機関誌「ダビク」のページ。インターネット上に公開された

 過激派組織「イスラム国」は昨年12月、シリア北部ラッカで拘束したヨルダン軍パイロットのムアーズ・カサースベ中尉のインタビュー記事を、インターネット上にアップした英字機関誌「ダビク」に掲載した。カサースベ中尉は、熱追尾型ミサイルに撃墜されたと証言している。

 墜落の原因を巡っては、直後に米中央軍が「故障だった」としたが、ヨルダンのメディア担当相は「地対空ミサイルで撃ち落とされた」と述べ、説明が食い違っていた。

 インタビューを掲載した機関誌は、12月末に公表された。カサースベ中尉は同月下旬、搭乗していた戦闘機が墜落する際、パラシュートで脱出したが「イスラム国」に拘束された。

2015年1月29日16時07分  朝日新聞