今日のニュース

気になったニュース

花粉の飛散ピーク、昨年より10日ほど早めに

 スギやヒノキの花粉が飛散するピーク時期について、環境省は29日、今春は前年に比べて10日ほど早まるとする予測を発表した。

 最も早いのは九州地方で2月下旬。関東、北陸、東海、近畿、中国、四国地方は3月上旬から中旬、甲信地方は3月上旬から下旬、東北地方は3月下旬から4月上旬にピークを迎える見込み。花粉の飛散量は前年に比べて、東日本を中心に多くなると予測している。
2015年01月29日 21時26分 Copyright © The Yomiuri Shimbun