今日のニュース

気になったニュース

30日は都心で積雪の恐れ…気象庁注意呼びかけ

 気象庁は29日午前、前線を伴った低気圧の影響により、30日未明から昼頃にかけ、関東甲信地方の広い範囲で雪が降る恐れがあるとする気象情報を発表した。

 東京23区などでも雪が積もる可能性があるほか、甲信地方南部や関東地方南部を中心に大雪となる恐れもあるという。気象庁では、雪や路面凍結による交通障害をはじめ、架線、電線、樹木への着雪、ビニールハウスの倒壊などに十分注意するよう呼びかけている。

 気象庁によると、降雪は30日明け方から昼頃にかけて予想されている。このため、朝の通勤・通学時間帯と重なる恐れがある。

 雪は30日昼過ぎには、平野部から次第に雨に変わる見込みだが、気温が低い場合には雪がなお降り続く可能性もあるという。

 30日正午までの24時間に予想される降雪量は、甲信地方南部と箱根から多摩地方、秩父にかけた地域で15センチ、関東地方北部で10センチ、関東地方南部の平野部で8センチ、東京23区などで5センチ--と予想されている。

2015年01月29日 15時29分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
 

都心でも5センチ降雪恐れ…交通の乱れなど注意

 気象庁は29日午前、前線を伴った低気圧の影響により、30日未明から昼頃にかけ、関東甲信地方の広い範囲で雪が降る恐れがあるとする気象情報を発表した。

 前線を伴った低気圧が本州南岸を進む影響で、関東、甲信地方などでは30日未明から雪が降る見込み。東京23区など平野部でも積雪の可能性があり、気象庁は雪による通勤、通学の足の乱れや落雪などに注意するよう呼びかけている。

 同庁によると、同日夕までの予想降雪量は、甲信地方で最大20センチ、関東北部や東京・多摩地方などで同15センチ、関東南部の平野部で同8センチなど。東京都心部でも同5センチ程度の降雪が見込まれており、一部では積雪の恐れもある。

 関東の平野部では同日昼頃まで雪が続き、午後には雨に変わるとみられる。ただ、気温が低いため、夕方まで雪が続く可能性もあるという。
2015年01月29日 20時54分 Copyright © The Yomiuri Shimbun