今日のニュース

気になったニュース

「イスラム国」人質:死刑囚釈放の用意 操縦士と交換

f:id:obaco:20150129085714j:plain

人質交渉を巡る相関図

 イスラム過激派組織「イスラム国」(IS、Islamic State)にフリージャーナリストの後藤健二さん(47)が拘束された事件で、ヨル ダン国営テレビによると、ヨルダンのモマニ・メディア担当相は28日、ISがヨルダン軍パイロットを無事解放するなら、ヨルダンが収監中のサジダ・リシャ ウィ死刑囚を釈放する用意があると表明した。後藤さんの新たな映像で設定された「24時間」の期限は28日深夜に経過。人質解放を巡るヨルダンとISの駆 け引きが激しくなっている模様だ。日本政府は後藤さんの救出に向けてヨルダンに重ねて協力を要請し、情報収集を続けている。

 27日の映像の声明では、後藤さんの解放条件はリシャウィ死刑囚との1対1の交換だとされている。これに対し、国営テレビによると、モマニ氏は後 藤さんには触れず、「ヨルダン軍パイロットの身体に触れずに解放するという条件で、サジダ(死刑囚)を引き渡す用意がある」と述べ、パイロットの生命の安 全が最優先だと強調した。

 ISが設定した期限が迫る中、ヨルダンのジュデ外相は28日午後3時半(日本時間28日午後10時半)ごろ、短文投稿サイト・ツイッターの自身の アカウントに「死刑囚は釈放しておらず、ヨルダン国内にいる。釈放条件は先に明らかにした通りだ」と投稿し、パイロットを解放しなければ、死刑囚は釈放し ないとの立場を重ねて強調。また、「24時間」が過ぎた後の28日夕(日本時間28日深夜)には「我々は(ISに)パイロットの無事を確認させてほしいと 要求したが、これまでに確認できていない」と投稿し、人質解放交渉が難航していることを示唆した。

 ヨルダン政府とISの思惑が交錯する中、後藤さんの安否は不透明になっている。日本政府は、27日の映像と音声は後藤さん本人の可能性が高いと判 断。安倍晋三首相は28日午前の関係閣僚会議で早期解放に一丸で取り組むよう指示し、「ヨルダンに協力を要請する方針に変わりはない」と強調した。

 さらに首相は同日の参院本会議で「卑劣なテロは言語道断の暴挙で、強く非難する。わが国は決してテロに屈しない」と述べ、先の中東歴訪で表明した 支援策を含め、国際社会に積極的に貢献する考えを改めて示した。そのうえで後藤さんの解放に「あらゆるチャンネルを活用して全力を尽くしている」と説明し た。

毎日新聞 2015年01月28日 23時35分(最終更新 01月29日 08時12分)

 

パイロットと交換で死刑囚釈放の用意…ヨルダン

  イスラム過激派組織「イスラム国」を名乗るグループによる日本人人質事件で、政府は28日、ヨルダン政府に対し、ジャーナリストの後藤健二さん(47)の解放に向けた協力要請を続けた。

 イスラム国側は日本時間27日深夜、後藤さん解放の条件として、ヨルダンで拘束中のサジダ・リシャウィ死刑囚の24時間以内の釈放を求め、応じなければ後藤さんとヨルダン軍パイロットのムアズ・カサースベ氏(26)の2人を殺害すると予告する新たな映像を投稿した。

 これに対し、ヨルダン国営テレビは期限が迫った同28日夜、カサースベ氏との引き換えなら「リシャウィ死刑囚を釈放する用意がある」とのヨルダン情報相の発言を速報で伝えた。
2015年01月29日 03時27分 Copyright © The Yomiuri Shimbun 

 

ヨルダン、死刑囚釈放の用意 パイロット解放が条件

f:id:obaco:20150129090003j:plain

アンマンの在ヨルダン日本大使館前で28日、取材に応じる中山泰秀外務副大臣(中央)=ロイター

 ヨルダン国営テレビは28日午後1時(日本時間同8時)過ぎ、同国のモマニ・メディア担当相が、「イスラム国」に拘束中のムアーズ・カサースベ中尉が解放されれば、サジダ・リシャウィ死刑囚を釈放する用意があると述べたと報じた。後藤さんについての言及はなかった。

 後藤さんの解放について「イスラム国」は、アンマンで2005年にあった連続爆破テロの実行犯とされるリシャウィ死刑囚との「1対1」の交換を要求していた。

 ただ、ヨルダン国内ではカサースベ中尉の解放を求める声が強く、ヨルダン政府は中尉とリシャウィ死刑囚の交換を模索。さらに日本政府からの要請を受け、後藤さんも含めた「1対2」の交換を検討していたとされる。

 ヨルダンは昨年9月から、米軍が主導する対「イスラム国」軍事行動に参加。カサースベ中尉は同12月、シリア北部ラッカで墜落した戦闘機に乗っていて拘束された。

 「イスラム国」との交渉で後藤さんだけが解放されれば、カサースベ中尉を「見捨てた」とする批判が国内で高まるのは必至。このため、ヨルダン政府は中尉の解放に全力を挙げている姿勢を見せる必要があったようだ。ジュデ外相ツイッターで「中尉の無事を証明してくれと頼んだが、まだ返事はない」と述べた。

2015年1月29日00時21分