今日のニュース

気になったニュース

パイロットと交換で死刑囚釈放の用意…ヨルダン

f:id:obaco:20150128205130j:plain

インターネット上に投稿された後藤健二さんとみられる新たな映像。ヨルダン軍パイロットとみられる写真を手にしている=2015年1月27日

 イスラム過激派組織「イスラム国」を名乗るグループによる日本人人質事件で、政府は28日、ヨルダン政府に対し、ジャーナリストの後藤健二さん(47)の解放に向けた協力要請を続けた。

 イスラム国側は日本時間27日深夜、後藤さん解放の条件として、ヨルダンで拘束中のサジダ・リシャウィ死刑囚の24時間以内の釈放を求め、応じなければ後藤さんとヨルダン軍パイロットのムアズ・カサースベ氏(26)の2人を殺害すると予告する新たな映像を投稿した。

 これに対し、ヨルダン国営テレビは期限が迫った同28日夜、カサースベ氏との引き換えなら「リシャウィ死刑囚を釈放する用意がある」とのヨルダン情報相の発言を速報で伝えた。

2015年01月28日 21時41分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 「イスラム国」拘束:アラブ紙、交換合意報道 中山氏否定

 【アンマン坂口裕彦】英国を拠点にするアラブ紙アルクッズ・アルアラビ(電子版)は28日、「ヨルダン当局が収監中のサジダ・リシャウィ死刑囚を 釈放する決断をした」と報じた。別のアラブメディアは、ヨルダン政府が、イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)に拘束されている後藤健二さん(47) とリシャウィ死刑囚の「交換」について「合意した」と報じた。ヨルダン政府は一切コメントしていない。

 一方、ヨルダンの首都アンマンにある日本大使館で、日本人人質事件の現地対策本部を指揮する中山泰秀外相は28日午前10時20分(日本時間 28日午後5時20分)ごろ、メディアの報道に関して記者団に「そういう情報は一切承知しておりません」と否定した。交渉の見通しについても「相手もいる し、オンゴーイング(現在進行形)で進んでいる問題だ」と回答を避け、「粘り強く情報収集にあたる。絶対にあきらめない」と従来通りの説明を繰り返した。

 現地紙ヨルダン・タイムズによると、ヨルダン下院のバッサム・マナシール外交委員長は27日、イラクとシリアの部族長やイスラム法学者らによる 「第三者」が、人質救出に向けた交渉を仲介していると明らかにした。マナシール氏は「近く合意が発表されるだろう」と語ったという。

毎日新聞 2015年01月28日 19時51分(最終更新 01月28日 20時44分)

 

「パイロット解放なら死刑囚釈放の用意」ヨルダン情報相

 過激派「イスラム国」による人質事件を巡り、ヨルダン国営放送は28日午後(日本時間28日夜)、ヨルダンの情報相が、「イスラム国」に拘束されたヨルダン人パイロットが解放されれば、サジダ・リシャウィ死刑囚を釈放する準備が整っていると述べたと伝えた。人質となっているフリージャーナリストの後藤健二さん(47)については触れていない。

 情報相は「ヨルダン(政府)にとっては、パイロットの生命の安全が優先事項だ」とも語った。

 「イスラム国」側は日本時間27日深夜、ネット上で公開した音声付きの画像で、後藤さんの解放条件として、同死刑囚と後藤さんの一対一の交換を要求していた。

2015年1月28日20時41分 朝日新聞