今日のニュース

気になったニュース

「一生懸命な人」「おとなしい」…名大女子学生

 「幼い頃から人を殺してみたかった」。27日、殺人容疑で逮捕された名古屋大女子学生(19)は愛知県警の調べに淡々と供述した。

 インターネット上に殺人への興味を示すような書き込みをしていたともみられ、県警は動機を慎重に調べる方針だ。「びっくりした」「まさか」――。一生懸命サークル活動に打ち込む女子学生の姿を見ていた他の学生らは絶句した。

 県警によると、女子学生は昨年12月7日、自宅で名古屋市千種区の森外茂子ともこさん(77)を殺害し、翌日、愛知県外の実家にバスで戻ったとみられる。森さんの関係者からの聞き込みで、森さんが女子学生と会っていたことが判明し、県警が女子学生と連絡を取った。女子学生は1月26日に名古屋へ戻り、県警は27日朝から千種署で事情を聞いていた。

 県警が、女子学生に自宅を見せるよう求めたところ、当初は拒んでいたが、説得すると、署から自宅へ向かう車の中で森さん殺害をほのめかしたという。逮捕後の調べには落ち着いた様子で応じ、淡々と当時の状況などについて供述している。

 女子学生を知る名古屋大の男子学生は、大学のグラウンドで女子学生が所属していたサークルの練習をしていた姿を覚えており、「一生懸命な人だなと思った。突然のことで驚いている」と話した。

 女子学生と同じ講義を受けたことがあるという男子学生(19)は「おとなしいという印象だった。最近、姿を見ていなかったので、事件のニュースを聞いてびっくりしている」と語った。

2015年01月28日 07時35分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
 

「ついにやった」…殺人容疑の名大生がツイート

 簡易投稿サイト「ツイッター」に殺人容疑で逮捕された名古屋大女子学生(19)のものとみられる書き込みが見つかった。

 愛知県警も本人のものとみて注目している。

 ツイッターには、昨年12月7日、「ついにやった」、同月5日には「名大出身死刑囚ってまだいないんだよな」などと書き込みがあった。昨年5月には「『殺したい』人はいないけど『殺してみたい』人は沢山たくさんいる」との書き込みもあった。

2015年01月28日 08時54分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
 

殺してみたかった…女性殺害で名大女子学生逮捕

 27日午前9時40分頃、名古屋市昭和区のアパート一室の風呂場で、愛知県警千種ちくさ署員が、同市千種区春里町、無職森外茂子ともこさん(77)が倒れているのを発見した。

 森さんはすでに死亡しており、県警がこの部屋に住む名古屋大学の女子学生(19)から事情を聞いたところ、殺害を認めたため、殺人容疑で逮捕した。調べに対し、「幼い頃から人を殺してみたかった」と供述しているという。

 発表によると、女子学生は昨年12月7日昼頃、1人で暮らして いた自宅アパートで、森さんの頭をおので数回殴り、マフラーで首を絞めるなどして殺害した疑い。「宗教の勧誘がうっとうしかった」とも供述しているとい い、県警は動機や経緯などを調べるとともに、28日に遺体を司法解剖し、死因を調べる。

 現場は居室にトイレと風呂が別々についた部屋で、おのは居室で見つかった。マフラーは森さんのもので、首に巻き付けられていた。県警によると、女子学生は「12月初め、森さんから宗教の勧誘を受けた際に知り合い、数回会っていた」と供述しているという。

 森さんは女子学生を市内の宗教施設に案内した後、女子学生の部屋を訪れて殺害されたとみられる。

2015年01月28日 04時22分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
 

高齢女性遺体:アパート住人の女子大生を逮捕…殺人容疑

 名古屋市昭和区のアパートの一室で女性の遺体が見つかった事件で、愛知県警千種署は27日午後、アパートに住む女子大生(19)を殺人容疑で緊急逮捕した。「人を殺してみたかった」と容疑を認めている。

 容疑は昨年12月7日昼ごろ、室内で、同市千種区春里町2の無職、森外茂子さん(77)の頭部を、おののようなもので殴るなどして殺害したとしている。

 県警によると、森さんは毎週日曜に外出し、午後3時半ごろに帰宅する習慣だったが、先月7日は帰宅せず、夫(81)が同署に届け出た。捜索してい た署員がこの日午前、女性と接点があったとみられる女子大生宅を訪れ、室内で遺体を見つけた。県警は2人の関係を調べている。【三上剛輝、大野友嘉子】

毎日新聞 2015年01月27日 15時31分(最終更新 01月27日 15時39分)

77歳の女性遺体、19歳少女「自分がやった」 愛知

 27日午前9時40分ごろ、名古屋市昭和区山花町のアパート「ホワイト7Ⅱ」の一室の風呂場で、女性(77)が死んでいるのをこの部屋を訪れた警察官が見つけた。愛知県警が事情を聴いていた自称大学生の少女(19)が「自分がやった」と関与をほのめかしているといい、県警は死体遺棄・殺人事件として、関連を調べている。

 県警によると、遺体は腐敗しており、一部に損傷があったという。また、室内からは血痕が発見された。

 昨年12月7日夕方、女性の80代の夫から「妻がいつもの時間に帰って来ない。携帯電話にかけても応答しない。事件に巻き込まれたのではないか」 と警察に連絡があった。県警が特異行方不明者として捜査していたところ、自称大学生の少女が浮上。1月27日朝から事情を聴き、少女のアパートを調べたと ころ、風呂場から女性の遺体を発見したという。

 現場は名古屋駅から南東約7キロの住宅街。現場となったアパートの近くに住む女性(68)は「子どもの頃から住んでいるが、この辺では事件なんてなかった。何があったのか知りたい。不安だ」と話した。

2015年1月27日14時06分 朝日新聞