今日のニュース

気になったニュース

首相「水素時代の幕開け」…規制緩和を加速へ

f:id:obaco:20150116000328j:plain

燃料電池自動車「MIRAI(ミライ)」のカギをトヨタ自動車の豊田社長(右)から受け取る安倍首相(15日午後、首相官邸で)=小林武仁撮影

 安倍首相は15日、水素を燃料として活用する「水素社会」の実現に向け、規制緩和を加速する考えを示した。

 水素で走る燃料電池車に燃料を供給する水素ステーションで、ガソリンスタンドのように利用者が自ら燃料を入れる「セルフ式」を可能にするなど現在の規制を見直す。

 トヨタ自動車燃料電池車「ミライ」の市販第1号車の納車式が15日、首相官邸で行われた。安倍首相は試乗後、「いよいよ水素時代の幕開けだ。さらなる規制改革と技術開発の2本立てで前進させていきたい」と強調した。

 ただ、肝心の水素ステーションは15日時点で、全国に4か所 (東京、神奈川、兵庫、福岡)しかなく、普及に向けた大きな壁になっている。建設している事業者からは、日本の安全基準が欧州に比べて厳しいとして、見直 しを求める声が根強い。ガソリンスタンドに比べ、より広い敷地面積が必要で、立地の規制も厳しい。漏れた場合、液体のガソリンよりも気体の水素は早く拡散 するためだが、建設費が上昇しやすい。

2015年01月15日 22時39分 Copyright © The Yomiuri Shimbun