今日のニュース

気になったニュース

音声が聞ける…地下鉄サリン交信、緊迫の73分

f:id:obaco:20150115235810j:plain

八丁堀駅の乗客を手当てする救急隊員ら(読売ヘリから)=1995年3月20日撮影

 警視庁は14日、1995年3月のオウム真理教による地下鉄サリン事件の発生直後、同庁通信指令本部と、現場に駆け付けた警察官との無線交信の記録を初めて公開した。

 次々と倒れる乗客と、新聞紙に包まれた謎の液体――。約73分に及ぶ交信記録からは、情報が錯綜さくそうする中、現場の緊迫した様子が浮かび上がった。死者13人、負傷者6000人超に上った事件直後の様子が、発生から約20年を経て明らかになった。

 警視庁通信指令本部に事件の第一報が入ったのは、3月20日午前8時21分。

 「日比谷線の八丁堀駅、病人2名。気持ち悪くなったもの2名。事件事故等、判然としません」

 その約1分後、茅場町駅でも4人が不調を訴えているとの通報があった。病人との内容だったため、無線の声に緊迫感は、まだない。ところが、現場に到着した警察官からは次第に緊迫した様子が入ってきた。

 「歩道上に何人も倒れている模様」

 「築地駅構内で40~50人が倒れている」

 息を切らした警察官の声は緊急事態であることを示していた。乗客とみられる悲鳴も聞こえる。しかし、原因は何かが分からない。「煙が充満している」「ガソリンがまかれた……」。情報は錯綜した。

 「地下鉄駅構内で、爆発物を使用したゲリラ事件が発生した」

 同本部は当初、「爆発物」によるテロだとみて、現場に警戒態勢を発令した。しかし、8時35分以降、八丁堀駅で目撃者から話を聞いていた警察官から、重要な情報がもたらされた。

 「新聞紙に包んだ液体、これが目の前に落ちた。その液体が溶けだし、ものすごい異臭がした。それで車外に蹴り出した」

 目撃者の証言から、何者かが電車内に液体を持ち込んだことが原因だとわかった。同本部は現場に警戒を呼びかけたが、駆けつけた警察官の中には具合が悪くなる者も出た。同本部は何度も注意を呼びかけた。

 「防毒マスクを使用。受傷事故防止に留意されたい」

 9時過ぎ。今度は霞ヶ関駅から不審物の情報が寄せられた。

 「霞ヶ関の駅事務所、形状不明なるも不審物件が2個ある」

 「先頭車両に新聞紙に包んであった段ボール様のものから液体が流れているのを発見し、霞ヶ関駅で開けたところ一気に液体が流れ出し、多くの負傷者がでた」

 駅員は、電車内にあった液体をサリンだとは知らずに運び出 し、漏れ出さないよう駅の金庫で保管していた。さらに、千代田線の各駅でも多数の負傷者がいるとの報告が相次いだ。救急車の出動を要請する一方で、防毒マ スクを装着した現場の警察官は、電車内の不審物の捜索を進めていく。

 「地下鉄八丁堀駅、地下から20人を搬送。救急車は現場に到着しております」

 録音開始から約73分。負傷した乗客の搬送を連絡する報告を最後に、録音は終了していた。

 警視庁によると、交信記録はカセットテープに録音されていた。保存期間は通常1年だが、報道機関からの要請で探したところ、通信指令本部の保管庫で発見。同庁は「当時の警察活動を理解してもらえれば」と、異例の公開を決めた。

 ◆地下鉄サリン事件 1995年3月20日朝、営団地下鉄 (現・東京メトロ)の東京・霞ヶ関駅を通る3路線に猛毒のサリンがまかれた無差別テロ。オウム真理教教祖の松本智津夫死刑囚(59)をはじめ教団幹部、信 者計14人が起訴され、サリンの散布役や製造役ら10人の死刑と、散布役を駅まで運んだ運転手ら4人の無期懲役が2011年までに確定した。翌12年に は、逃亡を続けていた高橋克也被告(56)が逮捕された。

2015年01月15日 22時44分 Copyright © The Yomiuri Shimbun