今日のニュース

気になったニュース

極右・カトリックも風刺の的 奔放な漫画、仏の伝統

f:id:obaco:20150109110928j:plain

「シャルリー・エブド」の最新号に掲載されたイラスト。「フランスではテロが起きていない」との表題に、イスラム過激派とおぼしき男が「1月末までまだ時間がある」などと怪しげに話している

 フランスカリカチュール(風刺)は、17世紀の喜劇作家モリエール以来の伝統といえる。19世紀以降は活字メディアを中心に、常に文化の一角を占めてきた。

 新聞では1915年創刊のカナール・アンシェネ(週刊)が知られる。政財界のスキャンダルを再々報じて有力者に恐れられ、多数のモノクロ風刺画も名物だ。襲われたシャルリー・エブドは、よりどぎついカラー漫画が売り物で、文字では説明しにくい性的表現も多い。

 その矛先は、一般紙が敬遠しがちな宗教にも向けられる。2006年、デンマーク紙で物議を醸した預言者ムハンマドの風刺画を転載した件が有名だ。独自に描き下ろした漫画も多く載せた特集号は増刷を重ね、空前の40万部を売った。

 むろん内外のイスラム界を敵に回したが、表現の自由を盾にタブーなしの編集方針をその後も貫く。極右政党やカトリック、大統領も風刺の的だ。

 7日に出た最新号には、「フランスで はテロが起きていない」との表題に、過激派らしき男が「1月末までまだ時間がある」とうそぶく絵を載せた。前週には、きわどいイラスト満載で「あなたの息 子も聖戦士に?」の見開き企画。「巨大なナイフを使い、この不信心者が!と叫びながらコーラの栓を抜き始めたら要注意」などとある。

 一般受けするメディアではないが、奔放な姿勢はフランス社会でおおむね支持されてきた。7日夜、仏全土で計10万人が「私はシャルリー」の紙を掲げたのは一つの証左だろう。8日付各紙は追悼と怒りであふれた。犯行の背景や容疑者の素性はさておき、仏社会は表現の自由を譲らない一点で結束している。

 パリ第1大学のパトリック・エブノ教授(メディア史)は「風刺はフランス大衆に受け入れられてきた。風刺紙はどれも少部数ながら200年の歴史がある重要なメディア。あらゆる権力や不寛容と闘い、表現の自由の限界に挑み続けてきたジャーナリズムなのだ」と語る。

 襲撃事件による損失は大きいが、表現の自由を守ろうという機運が改めて高まることは間違いない。他方、同性愛者やマイノリティーへの差別や憎悪をあおる表現は法律が禁じている。一般的な宗教批判と、信者への侮辱を分ける考えが定着しつつある。シャルリー・エブドは休刊せず、来週は前例のない100万部を発行する予定だ。(パリ=特別編集委員・冨永格

 2015年1月9日09時44分 朝日新聞
 

腕利きの風刺画家5人犠牲 権威を笑い、弱者には優しさ

f:id:obaco:20150109112414j:plain

シャルリー・エブド襲撃事件で犠牲になった風刺漫画家の(上段左から時計回りに)ジャン・カブ氏、ベルナール・ベルラック氏、ジョルジュ・ウォリンスキ氏、ステファン・シャルボニエ氏=AFP時事

 シャルリー・エブド襲撃事件で、フランスは腕利きの風刺画家を一度に失った。12人の犠牲者のうち5人が、編集部に居合わせた漫画家たちだった。

 80歳で銃弾に倒れたジョルジュ・ウォリンスキ氏は、同紙の創設にも関わった代表的な描き手だった。1968年、反体制派がカルチエラタンの学生 街を占拠した際には、彼らを「過激派」と非難したドゴール大統領に向けて「過激派」という新聞を創刊、痛烈な政権批判を展開したことで知られる。

 愛敬ある丸眼鏡で知られたジャン・カブ氏(76)は14歳の時から60年以上の画歴を誇るが、ウォリンスキ氏と同様「永遠の童心」を持つとされてきた。20代でアルジェリア独立戦争に出征した経験から平和主義者に転じ、過度の愛国主義や女性蔑視への皮肉を得意とした。あらゆる権威に加えて「平均的なフランス人」をも笑い飛ばしたが、根っこにはいつも弱者への優しさがあったという。

 2009年から発行人を務めていたステファン・シャルボニエ氏(47)も達者なイラストレーターだ。最新号に載った「イスラム過激派のテロ予告」が遺作となった。「私には妻子もいないし、車も預金もないから報復は怖くない。ひざまずいて生きるより、立ったまま死ぬほうがいい」の言葉が残る。(パリ=特別編集委員・冨永格

 2015年1月9日07時25分 朝日新聞
 

風刺紙最新号に990万円=ネット競売で高値―仏

f:id:obaco:20150109113103j:plain

 【パリAFP=時事】フランスの風刺週刊紙シャルリー・エブド最新号が、インターネット上の競売で7万ユーロ(約990万円)を超える高値を付けてい る。小説「素粒子」で知られる仏作家ミシェル・ウエルベックの風刺画を表紙にあしらった定価3ユーロ(約420円)の最新号は6万部印刷されたが、事件直 後にあっという間に売り切れた。
 米ネット通販・競売大手イーベイでは最新号のほか、火炎瓶が投げ込まれ、シャルリー・エブドの事務所が炎上する原因となった2011年11月発行の号も 出品され一時1万4000ユーロ(約200万円)の値を付けた。イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画が1面に掲載されたこの号の出品者は銃撃事件の被害 者支援に寄付すると説明している。

時事通信 1月9日(金)5時20分配信