今日のニュース

気になったニュース

仏紙銃撃、容疑の18歳男が出頭 残る2人の顔写真公開

f:id:obaco:20150108113215j:plain

7日、パリの銃撃現場に到着したオランド仏大統領(中央前)=ロイター

 【パリ=竹内康雄】パリ市内で7日に発生し、少なくとも記者ら12人が死亡した週刊紙本社への襲撃事件で、容疑者の1人である18歳の男が同日夜、警察 に出頭した。残り2人の容疑者は30歳代の仏国籍の兄弟で、捜査当局は身元を特定し、顔写真を公開した。オランド大統領は同日夜の演説で「我々は自由を守 らなければならない」と訴えた。

 仏紙によると、2人の兄弟は34歳と32歳で、パリ生まれのアルジェリア系フランス人という。うち1人はイスラム過激派との関係があるとされ、2005年に逮捕された経歴がある。出頭した容疑者は北東部ランス出身とされる。

f:id:obaco:20150108113418j:plain

 当局は、仏国家警察の特殊部隊も加わってランスを集中的に調べた。事件の手口が手慣れていたことから、軍事訓練を受けた犯人の犯行との見方を強めているようだ。

  オランド大統領は「我々の最大の武器は団結だ。何者も我々を分裂させることはできない」と力説した。7日に続き、8日朝に関係閣僚会議を開催し、対応を協 議する。同日には最大野党、国民運動連合(UMP)党首のサルコジ前大統領を迎えるほか、週内には主要政党の党首を招き、国が一体となってテロに対峙する 姿勢を示す構えだ。

  事件は7日昼前、パリ市内の風刺週刊紙「シャルリエブド」本社に、男らが押し入り銃を乱射、車で逃走した。男らは「(イスラム教の)預言者(ムハンマド) のかたきを討った」などと叫んでいたという目撃情報もあり、イスラム過激派との関連が疑われている。記者や風刺漫画家、警官らが死亡した。

 事件後、パリ市内にはテロを非難したり、表現の自由を訴えたりする市民が集結。警察当局によると、3万5000人が追悼集会を開いた。リヨンやボルドートゥールーズなど仏各地でも多くの人が集まり、仏全土で10万人にのぼったという。

2015/1/8 9:23 (2015/1/8 11:10更新) 日経新聞

 

パリ銃撃、18歳男1人出頭し逮捕…AFP通信

 【パリ=三井美奈】フランスの政治週刊紙「シャルリー・エブド」のパリ本社が銃撃された事件で、AFP通信は7日、警察が18~34歳の3人の犯人グループを特定し、同日夜(日本時間8日未明)、仏北部ランスやパリで捜索を行ったと報じた。

 警察筋によると、ランスに住むとされる18歳の男は7日夜、仏北部アルデンヌ県の警察に出頭し、身柄拘束された。

 同通信などによると、3人のうち銃撃の実行犯とみられる2人はアルジェリア系フランス人の32歳と34歳の兄弟。18歳の男は、逃走を手伝った疑いがある。兄弟の関係者も複数拘束された。

 兄弟のうち、弟は2005年にイスラム過激派に加わるため、イラク渡航を画策して身柄拘束された。また、08年には、過激派志願者をイラクに送り込もうとした罪で禁錮刑判決を受け、1年半服役したという。弟は幼少時をランスで過ごした後、パリで兄と共に暮らしていた。
2015年01月08日 11時26分 Copyright © The Yomiuri Shimbun 

 

仏紙襲撃、容疑者の18歳の男出頭 30代兄弟を追う

 風刺画が売り物の仏週刊新聞「シャルリー・エブド」が襲撃されて記者ら12人が殺害された事件で、仏捜査当局は3人の容疑者を特定して逮捕に動き出した。仏メディアによると、18歳の男が7日夜、警察に出頭し、34、32歳の兄弟にも手配書が出ている。うち1人は、「聖戦」と称して戦闘員をイラクに送り込む活動に関わり、懲役刑を受けた人物だという。

 オランド大統領は7日夕のテレビ演説で「表現の自由は野蛮な行為よりも力がある」と訴え、「我々は苦しみを乗り越えられる」と国民に団結を呼びかけた。8日を服喪の日とし、公共の建物などでは3日間、半旗を掲げて犠牲者を悼む。

 同紙は風刺が売り物で、イスラム教もしばしばとり上げ、昨年末の発行分では、「聖戦」に向かう若者らの変化を、あざけるかのように描いていた。仏メディアによると、容疑者の兄弟はパリ出身。出頭した18歳の男はパリ北東部ランス出身という。

 調べによると、少なくとも2人が目出し帽をかぶって、パリ中心部に近い同紙の事務所に小型車で乗り付けた。受付で1人を射殺した後、編集会議で集まっていた風刺漫画家ら8人、来客と警護のために居合わせた警官の計10人にも自動小銃を乱射して殺害した。同紙の発行人を務めるステファン・シャルボニエ氏も犠牲になった。また、車での逃走中にも警官1人を射殺した。(パリ=青田秀樹)

2015年1月8日11時09分 朝日新聞

 

仏テロ:襲撃、厳戒のパリで 年末に憲兵増員、警戒強化

f:id:obaco:20150108113707j:plain

銃乱射が起きた現場周辺に集まる警察官ら=2015年1月7日、AP

 ◇欧州内、イスラムと対立

 イスラム教の預言者ムハンマドなどの風刺画で物議を醸した仏週刊紙への銃撃事件は、各地で警察や市民への襲撃が相次ぎ、治安当局がテロへの警戒を 強めているさなかに起こった。フランスは、中東の過激派組織「イスラム国」に1000人以上が参加する欧州最大の戦闘員供給国。イスラム過激派に触発され た国民によるテロの可能性や、元戦闘員の逆流が強く懸念されていた。

 フランスでは昨年12月20日、中部ジュエレトゥールでアフリカ系の男(20)が「神は偉大だ」と叫びながら警察署に押し入ろうとし、警官3人に 刃物でけがをさせ、射殺された。男はフェイスブックイスラム国の旗を掲載していた。21、22日には東部ディジョン、西部ナントでそれぞれ男が車で通行 人に突っ込み、合わせて二十数人の死傷者を出した。治安当局はイスラム過激派との関連がないか調べている。3件の事件を結びつける証拠は出ていないが、 ソーシャルメディアなどで過激派の呼びかけに触発された可能性が残る。

 仏政府は12月23日、テロ警戒にあたる憲兵隊を780人から約300人増員。治安当局による駅や公共施設の警戒も強化していた。

 フランスには人口の約1割に当たる600万人のイスラム系住民が居住し、国内外でイスラム過激派によるテロなどが起きるたびに、穏健なイスラム系 住民も同一視され、差別を受ける現象が起き、社会問題化していた。イスラム教徒は相対的に所得が低く、就職時の差別なども厳然と存在するなど社会の断絶が 懸念されている。

 イスラム過激派が暴力に走る背景には、欧州社会で寛容さが失われ、イスラム教徒の一部と一般社会が鋭く対立している事情がある。ドイツでは「サラ フィスト」と呼ばれるイスラム過激派が5000人規模に伸長する一方、昨秋から各地で数万人規模の「反イスラム」デモが毎週行われている。政府は対話と寛 容を呼びかけているが、対立は解けていない。

毎日新聞 2015年01月07日 21時32分(最終更新 01月08日 01時29分)

 

パリ週刊紙銃撃の3容疑者特定

f:id:obaco:20150108113830j:plain

 【パリ共同】12人が犠牲になったフランスの風刺週刊紙シャルリエブド本社の銃撃事件で、フランス捜査当局は容疑 者3人の身元を特定した。ルモンド紙電子版が7日伝えた。ルポワン誌電子版によると、3人のうち2人はフランス国籍を持つアルジェリア系の兄弟という。当 局は3人を全国に指名手配し、行方を追っている。

 シリアイラクイスラム過激派と関わった人物が欧州の本国でテロを起こすという懸念が現実となった形で、各国に衝撃を与えそうだ。

 オバマ米大統領は7日、記者団に「卑劣で邪悪な攻撃だ」と述べ、あらためて事件を非難した。