今日のニュース

気になったニュース

トヨタ、燃料電池車特許を競合他社に開放

f:id:obaco:20150106190400j:plain

米ラスベガスでの家電ショーで展示されているミライ=坂本幸信撮影

 【ラスベガス=坂本幸信】トヨタ自動車は5日、水素で走る燃料電池車(FCV※)の普及を促すため、世界で保有するFCV関連の特許約5680件を全て無償提供すると発表した。

 1社だけの努力では普及は難しいとして異例の特許開放に踏み切る。一部を除き、2020年までの期限付きとして、それまでに世界で1万台の普及を目指す。

 トヨタは14年12月、FCV「MIRAI(ミライ)」を世界に先駆けて日本で一般発売した。FCVの普及には水素ステーションなどの整備も必要で、ライバルの他の自動車メーカーに参入を促すと同時に、エネルギー会社に協力してもらうことが不可欠と判断した。

 トヨタが特許を無償提供するのは初めてという。エコカー開発で有償で特許を提供したことはあるが、こうした方針を転換する。

 ミライは、15年10月から米国での発売も予定し、17年まで に3000台の売り上げを見込む。米ラスベガスで6日開幕する「国際家電ショー」を前に、北米トヨタのボブ・カーター上級副社長は5日、「普及のために競 合他社にも(FCVを)作ってもらうことを優先すべきだと考えた」と述べた。

 特許の内訳は、燃料電池関連が約5320件、水素タンク関連が約290件、水素ステーション関連が約70件。無償提供の期限は、20年までの予定。整備の遅れが目立つ水素ステーション関連は無期限とする。 

 ◆燃料電池車 空気中の酸素と、燃料として積み込んでおいた水素を反応させて電気を起こし、モーターを回して走る車。排ガスも出さない「究極のエコカー」と言われる。トヨタが発売した4人乗りセダン「ミライ」は国の補助金を使えば520万円程度で購入可能。

 ※FCV=Fuel Cell Vehicle

 【関連動画】走り出す燃料電池自動車「MIRAI」はこちら

2015年01月06日 17時18分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
 

トヨタ、燃料電池車の特許5680件を全公開

 【ラスベガス=杉本貴司】トヨタ自動車は5日、同社が持つ燃料電池車の関連特許約5680件をすべて無償で提供すると発表した。「究極のエコカー」と呼 ばれる燃料電池車を定着させるためには、トヨタ1社の努力では不十分と判断。早期に普及させるためにライバル同士や業界の垣根を超えた開発競争を促す、極 めて異例の取り組みに打って出る。

 自動車メーカーが次世代技術の特許を不特定の企業や団体に対して全公開するのは極めて珍しい。ホンダと米ゼネラル・モーターズ(GM)は燃料電池車で互いの特許を全公開する提携を結んだが、対象は両社に限定している。

  トヨタもこれまでエコカー技術の特許を有償で公開したことがあるが、あくまで提携先の企業に対象を絞ってきた。ハイブリッド車(HV)ではマツダや富士重 工業、米フォード・モーターに一部特許の使用を許可した上で、トヨタが主導してHVを開発することで技術の流出を防いできた。燃料電池車ではこの方針を根 本的に転換する。

 今回、提供するのはトヨタが単体で保有する燃料電池車の特許。グループの部品企業が持つ特許は対象外。水素と酸素を反応 させて発電させる中核部品の「スタック」と、燃料タンク、システム制御関連の計5610件に関しては、2020年末までの特許実施権を無償とする。水素ス テーションの関連特許約70件については、公共性が高いため無期限で無償提供する。

2015/1/6 6:30 日経新聞

 

トヨタ、燃料電池車の特許約5680件を無償提供

f:id:obaco:20150106190750j:plain

トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI(ミライ)」=同社提供

 トヨタ自動車は6日、世界初の市販を先月始めた燃料電池車(FCV)の関連の特許約5680件を無償で提供する、と発表した。他の自動車メーカーの参入を促し、FCVの普及を後押しする狙いだ。

 トヨタが単独で持つ燃料電池関連の特許すべてが対象。燃料の水素と空気中の酸素を化学反応させて電気をつくる基幹部品「スタック」関連の約 1970件や、高圧の水素をためるタンク関連の約290件などを含む計約5610件について、FCVの導入期と想定する2020年末まで無償で提供。水素ステーション関連の約70件は、期間を限らず無償とする。米ラスベガスで現地時間6日から世界最大の家電ショー「CES」が始まるのに合わせて発表した。

 トヨタは、ハイブリッド車(HV)では、関連特許を有償でマツダ富士重工業などに提供してきたが、FCVの市場拡大のためには、特許を無償で提供し、他のメーカーの参入を促すことが必要と判断した。

2015年1月6日11時02分 朝日新聞

 

トヨタ:燃料電池特許を無償提供 5680件、普及促す

f:id:obaco:20150107112043j:plain

5日、米ラスベガスで、報道陣に燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の説明をするトヨタ幹部=ゲッティ共同

 トヨタ自動車は5日、世界で保有する燃料電池に関する約5680件の特許を関連業界の企業に無償で提供すると発表した。幅広い企業に技術を活用してもらい、走行中に水しか排出しない究極のエコカー、燃料電池車の普及を促す。

 世界最大の家電見本市「インターナショナルCES」が6日(日本時間7日)、米ラスベガスで開幕するのに先立ち明らかにした。

 トヨタは燃料電池車「MIRAI(ミライ)」を昨年12月、世界の自動車メーカーで初めて一般販売。特許開放でトヨタ方式を広め燃料電池市場の主導権を握る考えもありそうだ。(共同)

毎日新聞 2015年01月06日 10時31分(最終更新 01月06日 10時34分)