今日のニュース

気になったニュース

ソニー社長「表現の自由は生命線」 サイバー攻撃問題

f:id:obaco:20150106140836j:plain

言論の自由ソニーとエンターテインメント業界にとっての生命線だ」と語るソニー平井一夫社長=米ラスベガス

 北朝鮮金正恩(キムジョンウン)第1書記の暗殺を描いたソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)のコメディー映画「ザ・インタビュー」の公開をめぐり、SPEがサイバー攻撃を受けたことについて、親会社ソニー平井一夫社長は5日、「言論の自由表現の自由、結社の自由はソニーとエンターテインメント業界にとっての生命線だ」と述べた。

 米ラスベガスで6日に開かれる国際的な家電見本市を前に、平井社長はソニーの発表会で急きょ登壇。ザ・インタビューについて、「この中でどれだけ の人がソニーのすばらしい映画を見てくれましたか?」と呼びかけ、メディアが手を挙げて応じると「本当にすばらしい映画だったでしょう?」と笑顔を見せ た。

 また平井氏は、「従業員やパートナーが休みなく働いてくれたことを誇りに思う」と述べ、「実際に映画を見に来てくれた方々に感謝したい」とも語った。(ラスベガス=高木真也)

2015年1月6日12時43分 朝日新聞

 

表現の自由ソニーの生命線」平井社長が言及

 【ラスベガス=越前谷知子北朝鮮金正恩キムジョンウン第 1書記暗殺を題材にしたコメディー映画「ザ・インタビュー」をめぐる問題で、映画を製作した「ソニー・ピクチャーズエンタテインメント」の親会社ソニー平井一夫社長は5日の記者会見で、「(映画会社の)従業員らは不幸にも、我々が過去に知る中で最も悪質なサイバー攻撃の被害者となった」と述べた。

 その上で「表現の自由ソニーの重要な生命線だ。私は全従業員やパートナーらが、こうした凶悪な犯罪に立ち向かって、上映に向けて働き続けたことを誇りに思う」と語った。

 この問題に平井社長が言及したのは初めて。記者会見は、米ラスベガスで6日開幕する国際家電ショー(CES)を前に開かれた。

2015年01月06日 13時29分 Copyright © The Yomiuri Shimbun