読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

イチョウ:ぎんなんのにおい、自治体に苦情…拾って配布も

植物 話題

f:id:obaco:20141121123515j:plain

横浜のイチョウ並木の名所、日本大通り。落ちたぎんなんからは独特のにおいが漂う=横浜市中区で、飯田憲撮影

 秋の風物詩か通行の迷惑か−−。街路樹として植えられるイチョウを巡り、自治体が対応を迫られている。黄色く色づいた葉が人々の目を楽しませる一方で、路上に落ちたぎんなんが放つ独特のにおいに苦情が相次いでいるからだ。職員が拾って市民に配布する「地域還元」で理解を求める自治体も現れた。

 イチョウは景観向上、日陰形成、ガードレール効果などの観点から街路樹として用いられ、全国で約57万本が植栽されていると言われる。実をつけるのは雌株で、雄株だけを選んで植栽する場合もあるが、苗木の時点では見分けがつきにくい。

 全国有数のイチョウ並木の名所として知られる大阪・御堂筋。「この季節は最も気を使うんですわ」。約1000本のイチョウを維持・管理する大阪市北部方面公園事務所の担当者は神経をとがらせる。250本は雌株のため、実がなる毎年10月上旬に4日間、「ぎんなん落とし」を行う。午後10時から朝方まで木を揺すって実を落とし、回収したぎんなんを市民に配っている。

 それでも苦情は減らない。御堂筋では大阪マラソンなどの大型イベントが開かれる上、高級ブティック店が軒を連ね、ぎんなんがつぶされるのは避けられない。担当者は「昔は秋の風物詩として楽しんでもらえたのに……」とため息をつく。

 川崎市も今年初めて、市役所前の大通り沿いで職員が拾ったぎんなんをイベントで無料配布した。昨年度から74本あるイチョウ並木の自転車道が整備されて通行量が増え、ぎんなん対策を求める陳情が市民から出ていた。

 一方で、静観する自治体もある。

 イチョウ並木で有名な明治神宮外苑の都道部分を管理する東京都第一建設事務所は「人通りや商業地域の有無で千差万別。ここは大部分が雌株だが、苦情はなくイチョウを楽しんでいる人がほとんど」といい、こまめに清掃する程度だ。

 ぎんなんの生産量日本一の愛知県稲沢市はさらに達観している。産地の旧祖父江町地区は、地域全体が黄金色になるほどイチョウが多く独特のにおいが漂うが、県尾張農林水産事務所は「栽培管理をして調節できるわけではなく、仕方ないという感じでずっと受け入れている」と寛容だ。

毎日新聞 2014年11月21日 11時00分(最終更新 11月21日 12時25分)