今日のニュース

気になったニュース

台風18号:過去10年で勢力最大級 東海から関東横断か

f:id:obaco:20141005221807j:plain

台風18号が接近し、高波が押し寄せる安芸漁港=高知県安芸市で2014年10月5日午後3時40分、宮武祐希撮影

 大型で強い台風18号は 5日、九州地方の南海上を北へ進んだ。台風と太平洋上の前線の影響で積乱雲が発達し、九州南部や伊豆諸島を中心に大雨となっている。気象庁によると、台風 は6日午前には東海に上陸し、関東を横断する可能性もあり、通勤・通学の足に影響を与える恐れがある。18号は本州に今年接近した台風のうち最大規模で、 関東付近を通過した過去10年の台風の中でも最大級の勢力を維持するとみられ、気象庁は厳重な警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風18号は5日午後8時現在、高知・足摺岬の南約180キロを時速約30キロで北東へ進んでいる。中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル、風速25メートル以上の暴風域は半径190キロ以内。

 台風は今後、上空の偏西風の影響を受け、速度を上げて進路を東寄りに変え、強い勢力を保って6日明け方に紀伊半島に接近、午前9時ごろ東海に上陸 する可能性がある。正午前後と見込まれる関東通過時の予想中心気圧は960ヘクトパスカルで、昨年10月に東京・伊豆大島で多数の犠牲者を出した台風26 号と同程度の勢力になるとみられる。昼過ぎには太平洋上に抜ける見込み。

 気象庁によると、5日の主な1時間雨量は、東京・三宅島64.5ミリ、鹿児島・種子島53.0ミリ。6日も局地的に1時間80〜100ミリの猛烈 な雨が降る見込みで、特に四国から関東の太平洋側では、南東に向いた斜面を中心に雨量が多くなる恐れがある。6日午後6時までの24時間予想雨量は多い所 で、東海400ミリ▽四国、近畿350ミリ▽伊豆諸島300ミリ▽関東甲信250ミリ▽中国、北陸、東北150〜200ミリ。

 一方、予想される最大風速(最大瞬間風速)は、近畿、東海、伊豆諸島35メートル(50メートル)、四国、関東甲信30メートル(45メートル)。海も大しけとなり、波の高さの予想は、伊豆諸島11メートル、近畿、東海、関東10メートル。

 第3管区海上保安本部湘南海上保安署によると、神奈川県藤沢市鵠沼(くげぬま)海岸にサーフィンに来ていた東京都町田市の男性(21)が5日、行方不明になり、巡視船が捜索を続けている。【狩野智彦、鈴木敬子】

毎日新聞 2014年10月05日 21時35分(最終更新 10月05日 21時59分)

 

台風18号、6日に東日本上陸の恐れ 猛烈な風雨警戒

f:id:obaco:20141005221952j:plain

台風18号の接近で、高知市沿岸に打ち寄せる大波(5日午後)=共同

 大型で強い台風18号は5日、鹿児島県や宮崎県の一部を風速25メートル以上の暴風域に巻き込みながら九州の南海上を進んだ。進路は次第に東向きに変わ り、四国沖を移動した後、6日には勢力を保ったまま紀伊半島に接近。さらに東日本の太平洋側に近づいて上陸する恐れがある。

 神奈川県や沖縄県で米兵ら計4人が高波にさらわれ、1人が死亡、3人が行方不明になった。和歌山県宮崎市などでは強風にあおられた70代と80代の女性3人が骨折などのけがをした。

 気象庁によると、台風の北上に伴って本州付近に停滞する前線の活動が活発化し、6日にかけて局地的に1時間に80~100ミリの猛烈な雨も見込まれる。

 気象庁予報課の佐々木洋主任予報官は5日の記者会見で「前線の影響による雨が降っている地域では、その後に台風本体の雲による雨も降るため、土砂災害に厳重な警戒をしてほしい」と述べた。暴風や高波、落雷や竜巻、激しい突風への注意も呼びかけた。

黄円は風速15m/s以上の強風域、赤円は25m/s以上の暴風域、白の点線は台風の中心が到達すると予想される予報円、薄い赤のエリアは暴風警戒域
画像の拡大

黄円は風速15m/s以上の強風域、赤円は25m/s以上の暴風域、白の点線は台風の中心が到達すると予想される予報円、薄い赤のエリアは暴風警戒域

 5日の1時間雨量は、東京の三宅島で64.5ミリ、鹿児島県種子島西之表市で53.0ミリなど。西之表市では24時間雨量が330ミリを超え、10月の観測史上最多となった。風は鹿児島県の島部を中心に最大瞬間風速40メートル前後の強風となった。

 6日午後6時までの24時間予想雨量は、多い所で東海400ミリ、四国と近畿350ミリ、伊豆諸島300ミリ、関東甲信250ミリ、中国地方と北陸、東北150~200ミリ。

  6日にかけ予想される最大風速は近畿と東海、伊豆諸島35メートル(最大瞬間風速50メートル)、九州南部と四国、関東甲信30メートル(同45メート ル)、九州北部と中国地方、東北23~25メートル(同35メートル)。波の高さは各地で6~11メートルとみられる。〔共同〕

2014/10/5 20:23 (2014/10/5 22:13更新) 日経新聞

 

台風18号、九州に接近 米兵3人波にさらわれ1人重体

f:id:obaco:20141005222326j:plain

台風で大荒れとなった奄美大島の海岸。高波が打ち寄せ、海沿いの道路にまでしぶきがあがった=鹿児島県龍郷町

 大型で強い台風18号は5日、九州の南の海上を北上した。沖縄で米兵が波にさらわれて2人が行方不明、1人が意識不明の重体となり、宮崎では4人がけが。台風は速度を上げて北東に進み、6日昼前には東日本に上陸するおそれがある。

 気象庁によると、台風18号は5日午後7時時点で、高知県足摺岬の南約200キロを時速約30キロで北東に進んでいる。中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル。中心から半径190キロ圏で風速25メートル以上の暴風になっている。

 鹿児島地方気象台によると5日午後、鹿児島県屋久島町で最大瞬間風速43・7メートル、種子島の同県西之表市で同43・4メートルを観測した。種子島では、午後8時20分までの24時間雨量が335ミリに達し、10月の最多記録を更新した。

 沖縄県国頭村では5日午後4時ごろ、海岸で写真を撮っていた米兵たちが高波にさらわれ、在沖縄米空軍兵1人が意識不明の重体、同2人が行方不明となった。宮崎市では、強風で転倒した56~90歳の男女4人が顔や腰などにけがをした。

 6日は強い勢力を保ったまま、本州南岸を進み、東日本に上陸するおそれがある。西日本から東日本の広い範囲で強い雨が降るおそれがあり、気象庁は引き続き大雨や暴風、高潮に注意を呼びかけている。

 一方、12人が今も行方不明になっている御嶽山周辺では、6日午後6時までの24時間雨量は120ミリと予想されている。頂上付近では、6日午後まで風速20メートル以上の風が吹く見込みという。

2014年10月5日20時57分 朝日新聞