読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

中京―崇徳、延長45回またも決着付かず 軟式高校野球

f:id:obaco:20140830190922j:plain

延長45回でも決着がつかず、あいさつをしてベンチに引き揚げる中京(左)と崇徳の選手=30日午後、兵庫県明石市明石トーカロ球場、伊藤進之介撮影

 第59回全国高校軟式野球選手権大会日本高校野球連盟主催、朝日新聞社毎日新聞社など後援)第6日は30日、兵庫県の明石トーカロ球 場で、延長30回までに0―0のまま決着がつかず2日連続のサスペンデッド(一時停止)試合となった準決勝の中京(東海・岐阜)―崇徳(西中国・広島)が 午前11時2分に31回から再開され、3日目の戦いに突入。両校、得点を奪えず3日連続で9イニングを超え、さらに45回を0―0で終わり、3度目のサス ペンデッドになった。

 31日は午前9時、46回から再開。大会規定上、最長54回まで行い、勝敗が決まらない場合は抽選で決勝進出校を決める。決勝は31日午後12時30分開始予定で、三浦学苑南関東・神奈川)と対戦する。

 前日まで30回を投げ抜いてきた中京の松井、崇徳の石岡の両右腕がこの日も最初から登板。中京は31回に2死一、二塁、崇徳は32回に2死三塁としたが、いずれも後続が三振した。

 崇徳は34回、島川の左越え三塁打で無死三塁。1死後に高瀬が空振り三振。飛び出した三塁走者がアウトになり、無得点に終わった。中京は38回、2死二、三塁で後続が中飛に倒れた。

 3日間で松井は635球、石岡は617球を投げた。

2014年8月30日14時11分 朝日新聞

 

四十五回決着せず、31日へ

f:id:obaco:20140830131232j:plain

 第59回全国高校軟式野球選手権大会の中京(東海・岐阜)と崇徳(西中国・広島)の準決勝は30日、兵庫県明石市明石トーカロ球場で大会史上初めて3日目にもつれ込んだ戦いを延長三十一回から再開し、四十五回を終えても0―0で決着しなかった。規定により3日連続のサスペンデッドゲーム(一時停止試合)となり31日に持ち越された。

 日本高野連によると、31日は最長で五十四回まで実施し、それでも決着しない場合は抽選で決勝進出を決める。

 30日も中京は松井大河投手、崇徳は石岡樹輝弥投手が引き続き登板し、四十五回まで投げ抜いた。