読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

西日本で大雨の恐れ 台風11号、高校野球開会式順延も

気象・天気 高校野球

 強い台風11号は8日午前、鹿児島県奄美大島の南の海上を北上した。9日には九州南部から四国付近に上陸し、10日には中国・近畿に接近するとみられる。西日本の太平洋側では10日にかけて非常に激しい雨が降るとして、気象庁土砂災害への警戒を呼びかけている。

 台風が東寄りの進路を通った場合は列島を縦断し、関東も10日ごろに暴風域に入るおそれがある。帰省シーズンにも重なるため、気象庁は「交通機関や自治体の避難情報にも注意してほしい」としている。

 台風は8日正午現在、奄美大島の東南東230キロの海上を時速10キロで北へ進んでいる。中心気圧は945ヘクトパスカル、最大風速は40メートル。

 気象庁によると、台風からの湿った空気の影響で、西日本の太平洋側では9日にかけて1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るほか、北日本と東日本でも大気の状態が不安定になり局地的な大雨となるおそれがある。石川県羽咋市では8日朝、1時間雨量が観測記録となる70・5ミリに達し、愛知県一宮市でも59・5ミリの非常に激しい雨が降った。9日正午までの24時間雨量は、多い所で四国と九州400ミリ、近畿と東海250ミリ、中国と関東甲信150ミリと予想されている。その後、10日にかけて雨量はさらに増え、西日本の太平洋側では総雨量が1千ミリを超えるおそれがある。

 9日にかけての最大風速は九州南部と四国35メートル、九州北部28メートル、中国と近畿25メートルと予想され、西日本は波の高さが9メートルを超える猛烈なしけになるという。

 8月初旬に沖縄の西側を通過した台風12号の影響で記録的な大雨となった四国については少しの雨で土砂災害が起こる危険があるとして、気象庁は特に厳重な警戒を呼びかけている。

     ◇

 台風11号の接近に伴い、第96回全国高校野球選手権大会日本高野連朝日新聞社主催)は、9日午前9時から予定されている開会式を含めて大会が順延される可能性がある。大会本部は9日午前6時をめどに開催の可否を判断する予定。

2014年8月8日13時02分 朝日新聞