今日のニュース

気になったニュース

また悲劇、長崎県「命の教育」届かず

 長崎県教育委員会は、命の大切さを小中学校の児童・生徒に教える「心の教育」に力を入れてきた。

 長崎市で2003年7月、中学1年の男子生徒が幼児を商業施設から連れ去って殺害する事件が発生し、04年6月には佐世保市でも、小学6年の女子児童が校内で同級生をカッターナイフで切りつけ、失血死させる事件が起きたためだ。

 両事件を受けて、県教委と佐世保市教委は、毎年それぞれ「長崎っ子の心を見つめる教育週間」「いのちを見つめる強調月間」として、命の大切さや規範意識に関する授業を集中的に行う期間を設け、学校ごとに講話や授業参観、地域交流などを実施してきた。

 それだけに、同県の教育関係者は大きなショックを受けている。

 池松誠二・県教育長は「命を大切にする教育に努めてきたが、こ のような事件が発生し、痛恨の極み」とコメント。また、佐世保市の女児殺害事件当時、市教育長だった鶴崎耕一・県教育委員(66)も「事件から年月が経過 し、『二度と同じ悲劇を起こさせない』との思いが次第に薄れ、子供らに伝わりきれていなかったのではないか」と声を詰まらせた。

 学校現場での取り組みが形骸化しつつあったとの指摘もある。球技大会や食育など、命の大切さの学習とは直結しにくいイベントを開催している学校も多いという。

 元小学校教諭の早稲田矩子のりこ佐世保市議は「事件の教訓を生かしきれていない。友人の命を奪うところまで精神的に追い詰められていたのだろう。どこかの段階で周囲の大人が異変に気付くべきだった」と話した。

2014年07月28日 09時49分 Copyright © The Yomiuri Shimbun