今日のニュース

気になったニュース

きょうも猛暑、41都府県に高温注意情報 熱中症に注意

f:id:obaco:20140726140934j:plain

午前中から大勢の親子連れなどでにぎわう、ひらかたパークのプール=26日午前10時57分、大阪府枚方市、森井英二郎撮影

 日本列島は26日も太平洋高気圧に覆われ、朝から全国的に気温が上昇した。気象庁北海道や青森を除く東京や愛知、大阪など41都府県に高温注意情報を出し、熱中症への注意を呼びかけている。

 香川県丸亀市では、自宅にいた男性(82)が熱中症の疑いで病院に搬送され、間もなく死亡した。

 気象庁によると、午後0時20分までに、富山市で38・0度、鳥取県米子市で37・9度、兵庫県豊岡市で37・8度、石川県白山市で37・3度と、日本海側を中心に35度以上の猛暑日となった。

 正午の時点で、全国927地点のうち猛暑日は97地点、30度以上の真夏日は7割の657地点にのぼった。関東地方では、東京都心で33・5度、さいたま市で35・3度、横浜市で34・0度を観測した。

 一方、午後は日中の高温にともない大気の状態が不安定となる。地域によっては雨や雷が予想され、局所的に激しく降るという。

     ◇

 西日本は26日も高気圧に覆われ、朝から各地で30度を超えた。大阪府枚方市遊園地ひらかたパーク」の屋外プールでは、開園前から約200人が並び、昼過ぎまでに約1500人が詰めかけた。枚方市最高気温は午後1時に36・2度まで上昇。3日連続で35度以上の猛暑日となった。

 午後1時半現在の最高気温は、兵庫県豊岡市で38・7度、京都市京都府京田辺市で37・5度、奈良市で36・5度に達した。午後はさらに暑くなり、京都府南部と奈良県北部は38度、大阪府全域が37度まで上がる見込み。

 27日は寒冷前線が通過するため雲が広がりやすく、近畿地方の猛暑は一段落しそうだ。

2014年7月26日13時38分 朝日新聞