今日のニュース

気になったニュース

大砂嵐、断食月とがっぷり四つ 名古屋で試練の15日間

f:id:obaco:20140723135138j:plain

1日ぶりの食事で4人前のチキンカツカレーを食べる大砂嵐

 大相撲名古屋場所で、2横綱を破るなど台風の目となっているエジプト出身の大砂嵐(22)= 本名アブデルラフマン・シャーラン、大嶽部屋。土俵での活躍の裏で、暑さの中、極度の空腹やのどの渇きとも闘う日々が続いている。イスラム教徒の大砂嵐に 大事なラマダン(断食月)が場所の日程と重なったためだ。

 「腹減った。頭がふらふらする」。場所5日目、17日の取組後の支度部屋。横綱初挑戦で鶴竜に勝った大砂嵐が口にしたのは、初金星の喜びよりも空腹のつらさだった。

 ラマダンは太陽暦より1年が11日ほど短い太陰暦に基づき、時期が毎年ずれる。入門初年の2年前は場所の最後の2日間、昨年は4日目からの12日 間だった。今年は、名古屋場所の番付発表前日の6月29日に始まり、千秋楽の27日まで。期間中は夜明けから日没まで飲食ができない。

 大砂嵐は取組後、愛知県稲沢市の宿舎に戻る車中で日没を迎えると、すぐにコンビニで飲料を買って一気飲み。宿舎では自らカモ肉のフライやエジプト 料理で定番のモロヘイヤスープを作り、普段より多めに食べる。夜明け前に前夜の料理を温め直して腹を満たす。昨年はラマダン中に体重が7キロも減ったた め、今年はご飯にバターを混ぜるなど、カロリーが減らないように心がける。

2014年7月23日13時18分 朝日新聞