今日のニュース

気になったニュース

米指揮者・作曲家ロリン・マゼール氏が死去

 【ニューヨーク=広瀬英治】世界的な米指揮者・作曲家のロリン・マゼール氏が13日、米バージニア州キャッスルトンの自宅で肺炎による合併症のため死去した。

 84歳だった。キャッスルトン音楽祭事務局が発表した。

 フランス生まれ。米国に移り9歳で指揮者デビュー、15歳まで にほとんどの米主要オーケストラを指揮した。1960年に30歳で西ドイツ(当時)のバイロイト音楽祭に登場し、65年にベルリン・ドイツ・オペラの音楽 監督に就任。クリーブランド管弦楽団ウィーン国立歌劇場ニューヨーク・フィルの音楽監督・総監督などを歴任した。

 63年に初来日以来、たびたび日本で公演し、87、92年に読売日本交響楽団に客演した。2008年にニューヨーク・フィル北朝鮮平壌で公演し、米朝の音楽外交としても注目された。13年にも世界各地の公演が100回を超すなど最近まで精力的に活動していた。

2014年07月14日 10時52分 Copyright © The Yomiuri Shimbun