今日のニュース

気になったニュース

つぶやきの共鳴、ツイッター社が視覚化 W杯の分析公開

f:id:obaco:20140712143148j:plain

ブラジル―コロンビア戦でneymar(ネイマール)を含む言葉のツイッター・リバーブ(つぶやきの共鳴)=ツイッター社提供

 サッカーW杯に合わせて、ツイッター社が世界150カ国以上でつぶやかれた試合に関するデータを公開している。同社がツイートデータの視覚化ツールを開発、提供した初の試み。ツイート数を時系列で示しながら、話題の広がりの発信源になった「ツイッター・リバーブ(つぶやきの共鳴)」の中心を表したり、世界地図上でどの国からの発信が多いかを、炎が燃え上がるように表したりしている。

 同社によると、準決勝までの62試合でツイート数が最大だったのはブラジルが1―7で惨敗したドイツ戦で、3560万ツイートだった。2番目に多かったのはブラジルがPK戦の末に辛勝したチリ戦で、1640万ツイート。日本戦で最も多かったコロンビア戦が444万ツイートだったことと比較しても、ブラジル戦への注目度の高さがわかる。

f:id:obaco:20140712143401j:plain

1―7でブラジルが惨敗した試合のツイート分布。ドイツが5点目を決めた前半29分、世界中で燃え上がるように盛んにツイートされた=ツイッター社提供

 一方、1分間あたりのツイート数も、ブラジルドイツ戦が最も多かった。ブラジルが4失点した前半23~29分の6分間に最大値のトップ3が集中した。

 また、PK戦ではキッカーが蹴る直前まで水を打ったかのように無音状態になり、ゴールが決まった、または、外した瞬間にツイートが爆発する傾向にあると分析している。

 同社によると決勝トーナメント前の1次リーグを終えた15日間で、W杯関連の総ツイート数は3億を突破。2012年のロンドン五輪期間中(16日間)の1億5千万ツイートの倍だ。1次リーグの期間に最も話題になった選手は、アルゼンチンのメッシ選手。2番目はブラジルネイマール選手だった。

     ◇

■ツイート数が多かった試合

1位、ドイツ7―1ブラジル(3560万ツイート)

2位、ブラジル1(3PK2)1チリ(1640万)

3位、アルゼンチン0(4PK2)0オランダ(1420万)

■1分間でツイート数が多かった場面(いずれもドイツブラジル戦)

1位、前半29分ケディラ選手のシュートでドイツ5点目(58万1166ツイート)

2位、前半26分クロース選手のこの試合2ゴール目で4点目(50万8601)

3位、前半24分クロース選手の追加点で3点目(49万7425)

(※ツイート数は試合開始1時間前から試合終了30分後までを収集)(佐々木洋輔、中西鏡子)

2014年7月12日12時02分 朝日新聞