今日のニュース

気になったニュース

習主席「対立避け協調を」 米中対話が開幕

海洋・サイバー焦点

f:id:obaco:20140709141927j:plain

9日開幕した米中戦略・経済対話の開幕式で演説する中国の習近平国家主席

 【北京=大越匡洋】米中両国は9日午前、安全保障や経済の懸案を閣僚級で話し合う戦略・経済対話を北京で開いた。習近平国家主席は開幕式で演説し「中国 と米国が対抗すれば世界にとって災難になる。高みに立って協力を堅持し、対立を避けるべきだ」と訴えた。中国の海洋進出や、サイバー攻撃問題を巡って高ま る両国の摩擦をいかに緩和するかが焦点だ。

 習氏は昨年6月のオバマ大統領との首脳会談で提起した「新しい形の大国関係」という米中協調路線に繰り返し言及。「中国は平和路線、各国との友好 関係を堅持する。広大な太平洋は中米両国を受け入れられる」と語った。同時に「主権と領土を相互に尊重すべきだ」とも強調。中国の南シナ海東シナ海への 進出強化を巡り、警戒感を強める米国をけん制した。

 経済分野を巡っては米中投資協定の交渉加速、地球温暖化問題など地球規模の課題に協力して取り組むことを訴えた。習氏は「両国に異なる考え方、摩擦があることは避けられない。違いがあるからこそ、対話と協力が必要だ」と述べた。

  対話には米国からケリー国務長官とルー財務長官、中国側は楊潔■国務委員(副首相級)と汪洋副首相(商務担当)らが参加。10日に閉幕する。中国は11月 に北京で開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に向け、米国と対等な大国であることを印象付けたい考えだ。

2014/7/9 12:19 日経新聞

 

習近平氏「中国と米が対抗すれば世界に災難」

f:id:obaco:20140709142529j:plain

開幕した米中戦略・経済対話に臨む、中国の習近平国家主席(右)と米国のケリー国務長官(9日午前、北京で)=田村充撮影

 【北京=五十嵐文、白川義和】米中の閣僚級が外交課題や経済問題について話し合う第6回米中戦略・経済対話が9日午前、北京の釣魚台国賓館で始まった。

 開幕式に出席した中国の習近平国家主席は、米中関係について「中国と米国が対抗すれば両国と世界にとって必ず災難になる」と述べた上で、「お互いの主権と領土保全を尊重すべきだ」と主張した。

 米国代表のケリー国務長官は、両国による「新しいタイプの関係」は「言葉でなく行動で定義されるべきだ」と述べ、中国の海洋進出やサイバー攻撃を念頭に行動での改善を求めた。その上で、「米国は中国を封じ込めるつもりはない」と語った。

 開幕式には、米国のルー財務長官、中国代表の楊潔チ(よう・けつち)国務委員(副首相級)、汪洋副首相らも出席した。日程は10日までの2日間。

2014年07月09日 13時06分 Copyright © The Yomiuri Shimbun