今日のニュース

気になったニュース

ロシア、ウクライナへのガス供給停止 滞納金未払いで

 【モスクワ=田中孝幸】ウクライナ国営ガス会社ナフトガスによると、ロシア国営ガスプロムは16日、ウクライナへの天然ガス供給を停止した。ウク ライナがロシアから輸入したガスの代金を滞納し、16日の最終的な支払期限を守らなかったためとしている。ガスプロムウクライナとの取引について、事前 に払った分だけ供給する「前払い制」に移行した。

 ウクライナはロシアに価格の割引を要求し、折り合えないことを理由に6月分の支払いを拒否してきた。ロシアのプーチン大統領は16日、ガスプロムのミレル社長らと対応を協議する。

  ガスプロムが供給を止めたのは、ウクライナへの輸出分だけだが、停止が長引けば波紋は欧州域内に広がりそうだ。ウクライナが国内の需要をまかなうために同 国を経由するパイプラインからガスを抜き取ると、他国向けのガス供給に響きかねない。各国は備蓄の活用でしのぐほか、ガス調達の代替策やウクライナの支援 策の検討を急ぐ。

 ガスプロムとナフトガスは16日未明まで、欧州連合(EU)を交えてガスの供給価格を巡る交渉を続けたが、決裂した。ロ シア側が1千立方メートル当たりで現行価格よりも100ドル安い約385ドルとする案を示したが、ウクライナ側は同268ドルへの引き下げを要求。議論は 平行線をたどった。

 ガスプロムは16日、ウクライナに計45億ドルの滞納金の支払いを求める訴えをストックホルムの国際仲裁裁判所に起こした。ナフトガスも同日、ロシアが設定したガス価格が不当に高いとして、ガスプロムを同裁判所に提訴した。

  EUはロシア産ガスの月間消費量の約2カ月分に当たる計120億立方メートルのガスを備蓄し、ウクライナ経由の供給が細ってもすぐに深刻な不足に陥る懸念 はないという。一方で欧州の需要の約3分の1を占めるロシア産ガスの約半分がウクライナを経由している。ロシアからの輸出の停滞で、欧州経済への悪影響を 懸念する声もくすぶる。

2014/6/16 20:18 日経新聞