読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

沙羅の花、庭園にはかなく咲く

f:id:obaco:20140615120021j:plain

 平家物語ではかなさの象徴とうたわれた「沙羅の花」(ナツツバキ)が妙心寺塔頭の東林院(京都市右京区)で見ごろを迎え、初夏恒例の「愛でる会」が15日始まった。

 朝に咲いて、夕方には散ってしまうことから、平家物語には「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」とある。緑のコケが敷き詰められた庭園には、前日散った花に陽光が明るい彩りを添えていた。

 西川玄房住職(75)は「風雪に耐え、この日のために咲いた。人生も、苦しみや悲しみを乗り越えて、前へ前へ進まないと」と話した。

 会は30日まで。問い合わせは東林院、電話075(463)1334。

2014年 06月 15日 11:44 JST 【共同通信