今日のニュース

気になったニュース

話題

杉田玄白の「解体新書」紙芝居に…没後200年

杉田玄白の業績をわかりやすく紹介した紙芝居(福井市の県立こども歴史文化館で) 県立こども歴史文化館(福井市城東)が、日本初の西洋解剖書の訳本「解体新書」を著した小浜藩医、杉田玄白(1733~1817年)の業績を楽しく知ってもらおうと、史実を…

「カラス侵入禁止」警告文、なぜか効果 東大の研究施設

カラスが食い破ったとみられる断熱材の周りに警告文をつるす佐藤克文教授=岩手県大槌町赤浜3丁目 「カラス侵入禁止」。そう書いた紙をつるしたら、本当に来なくなった――。岩手県大槌町にある東大の研究施設は春になると、カラスに「警告文」を出す。研究者…

NHK桑子アナとフジ谷岡アナ結婚へ 情報番組で報告

NHKの桑子真帆アナウンサー NHKの桑子真帆アナウンサー(29)とフジテレビの谷岡慎一アナ(30)が結婚することが11日、わかった。フジテレビによると、30日に婚姻届を提出するという。 桑子アナは「ブラタモリ」などを担当した後、4月から「…

この木は「なんじゃもんじゃ」…茅ヶ崎で満開

雪が積もったように見えるヒトツバタゴ(茅ヶ崎市の成就院で) 神奈川県茅ヶ崎市甘沼の成就院で、モクセイ科の「ヒトツバタゴ」の花が満開となり、訪れた人の目を楽しませている。 ヒトツバタゴは「なんじゃもんじゃ」とも呼ばれ、綿雪のようなかれんな花が…

マンドリルの赤ちゃん公開…日立市かみね動物園

一般公開が始まったマンドリルの赤ちゃんと父親(8日、日立市かみね動物園で) 茨城県日立市かみね動物園は8日、今年1月に誕生したマンドリルのオスの赤ちゃんの一般公開を始めた。 愛称も募集する予定だ。 父親はケンシロウ(11歳)、母親はリエル(6…

皇后さま、皇居内で野生種の蚕の卵を「山つけ」

「山つけ」の作業をされる皇后さま(宮内庁提供) 皇后さまは8日、皇居内の野蚕やさん室で、飼育している野生種の蚕「天蚕てんさん」の卵がついた和紙をクヌギの枝に付ける「山つけ」の作業をされた。 天蚕はクヌギの葉を食べて育ち、緑色の繭を作る。皇后…

富士山背景に広がるシバザクラ…「期待以上」

富士山を背景に見頃となったシバザクラ(6日、山梨県富士河口湖町で)=林陽一撮 大型連休も終盤--。 山梨県富士河口湖町の「富士芝桜まつり」のシバザクラが満開となり、連日多くの来園者でにぎわっている。 2・4ヘクタールの公園には7種、約80万株…

人気高まる「ロングトレイル」…各地で整備進む

広島湾岸トレイルを進む体験会の参加者ら。「歩く」ことを楽しむ人が増えている(広島市安佐北区で)=松田智之撮影 登山道や古道、市街地などをつないだ長距離の遊歩道「ロングトレイル」の人気が高まっている。 国内に初めてコースができてから今年で10…

世界を変える「天才」たち 並外れた頭脳の秘密に迫る

数学者のテレンス・タオは、31歳だった2006年に数学界のノーベル賞といわれる「フィールズ賞」を受賞。天才と呼ばれることには抵抗があるようで、重要なのは「直観と文献、少しの好運に導かれた勤勉な姿勢」だと語る。(Paolo Woods/National Geographic) …

日光東照宮の参拝客、大幅増…「陽明門」が人気

平成の大修理を終えた「陽明門」(右奥)まで人波が続く境内(3日午後、日光市山内の日光東照宮で) 世界遺産・日光東照宮(栃木県日光市山内)の4月の参拝者が20万人を超えた。 3月に平成の大修理を終えた国宝「陽明門」が人気を集め、一般公開後の1…

パレード1時間半後、雷雨で中止…博多どんたく

パレードで博多祇園山笠がユネスコ無形文化遺産に登録されたことをPRするどんたく隊(3日午後2時20分、福岡市で)=久保敏郎撮影 大型連休中の恒例行事「第56回博多どんたく港まつり」(福岡市民の祭り振興会主催)が3日、福岡市で開幕した。 市民…

純白の花「ヒトツバタゴ」が見頃…対馬

見ごろを迎えたヒトツバタゴ 国の天然記念物・ヒトツバタゴが、長崎県対馬市上対馬町鰐浦わにうらで純白の花を咲かせ、見頃を迎えている。 モクセイ科の落葉高木で、4月下旬~5月上旬に開花する。純白の花と新緑の葉のコントラストが美しい。朝鮮半島など…

葵祭幕開け、下鴨神社で流鏑馬神事…京都

疾走する馬から矢を放つ射手 (3日午後、京都市左京区で)=長沖真未撮影 京都三大祭の一つ、葵祭の幕開けを告げる「流鏑馬やぶさめ神事」が3日、世界遺産・下鴨神社(京都市左京区)で行われた。 鎮守の森「糺ただすの森」の馬場に三つの的が100メート…

若草色のアーケード、メタセコイアの並木芽吹く

新緑がまぶしいメタセコイアの並木(滋賀県高島市マキノ町で) 滋賀県高島市マキノ町のメタセコイアの並木が芽吹き、若草色の輝くアーケードを作り上げている。 アケボノスギとも呼ばれる落葉高木。1981年から道路脇2・4キロにわたって植えられた約5…

日本三大霊場の一つ、恐山が山開き…青森

恐山の景色を楽しむ参拝客(1日、青森県むつ市の恐山で)=岡田俊一撮影 日本三大霊場の一つの恐山(青森県むつ市)が1日、山開きし、多くの参拝客らが散策を楽しんだ。 恐山は貞観4年(862年)に慈覚大師・円仁が開いたとされる。硫黄臭の漂う荒涼と…

新茶の季節が到来 京都・宇治で八十八夜行事

茶の新芽を摘む女性たち=2日午前10時13分、京都府宇治市、佐藤慈子撮影 新茶の季節の到来を告げる「宇治新茶・八十八夜茶摘みの集い」が2日、京都府宇治市の府茶協同組合茶業センター茶園であった。 立春から88日目の「八十八夜」に毎年開かれてい…

井の頭公園100年…100歳の女性ら桜を植樹

開園100周年を祝い、記念植樹する100歳の女性(左)と小池都知事(1日、東京・井の頭公園で) 東京都武蔵野市、三鷹市にまたがる都立井の頭公園が1日、開園から100年を迎え、同公園で記念式典が行われた。 日本初の郊外型公園として1917年に…

迎賓館を眺めながら「乾杯」…GWで酒類提供

迎賓館本館の前庭でひと休みする参観者たち(4月28日午後) 国賓の接遇に使われる東京・元赤坂の迎賓館を堪能してもらおうと、5月7日までの大型連休中、敷地内で酒類の提供が解禁されている。 観光資源としての活用策の一環で、政府は集客効果などを見…

豪華寝台「四季島」一番列車、日光で歓迎受ける

日光連山背に、水田脇を走る「トランスイート四季島」(1日午後1時59分、栃木県日光市で)=飯島啓太撮影 JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島しきしま」が1日、初めての乗客33人を乗せて上野駅(東京都台東区)から出発し、最初の降車駅…

倍率76倍、豪華寝台「四季島」一番列車が出発

運行開始を前に、JR上野駅に入る豪華寝台列車「トランスイート四季島」(1日午前10時40分)=若杉和希撮影 JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島しきしま」が1日、運行を始めた。 車内で高級ホテルのようなサービスを受けられ、東日本各…

ひしゃく置かず、センサーで水=自動式の手水舎導入―「新しい形」注目・前橋東照宮

約400年の歴史を有する前橋市の前橋東照宮では、ひしゃくを使わず、センサー感知で水が流れる「自動手洗い器型」の手水舎を導入。専門家は「新しい形として広まる可能性も」と注目している=4月20日撮影 ひしゃくで水をすくい、両手を清め、口をすすぐ…

無料だがルールも「海の公園」で4万人潮干狩り

潮干狩りを楽しむ大勢の人たち(30日午後、横浜市金沢区で)=林陽一撮影 大型連休2日目の30日、横浜市金沢区の「海の公園」には家族連れなど約4万人が訪れ、潮干狩りを楽しんだ。 この日の横浜は、最高気温23・3度と初夏を思わせる陽気。浜辺では…

京都鉄道博物館1周年、来館者目標大きく上回る

開館1周年の記念ロゴヘッドマークを付けて発車するSL(京都市下京区で) 国内最大級の鉄道展示施設「京都鉄道博物館」(京都市下京区)が29日、開館1周年を迎え、記念セレモニーが開かれた。 これまでの来館者数は約150万人を数え、当初の目標(1…

高崎山、新ボス「ブラック」の就任式

就任式でリンゴをもらうブラック 大型連休がスタートした29日、大分県内は晴天に恵まれ、行楽地は家族連れやカップルらでにぎわった。 ニホンザルの餌付けで知られる高崎山自然動物園(大分市)では新ボスの就任式があり、多くの観光客が詰め掛けた。 就任…

金時山頂上に「マサカリ」標柱…金太郎にちなむ

金時山山頂の標柱を前に記念撮影するハイカー(29日) 大型連休初日の29日、金太郎(坂田金時)ゆかりの金時山(神奈川・静岡県境、1212メートル)に、マサカリ形の標柱が立てられた。 ユニークな標柱を前に、多くのハイカーが記念撮影をして楽しん…

「忖度」という言葉、意味変わり一気に浸透

朝日新聞デジタルのアンケート 忖度(そんたく)という言葉自体に良いも悪いもない。朝日新聞デジタルに届いた多くの意見は、忖度する動機や状況、それに伴う行為が問題なのだと指摘しています。一方で、私たちは歴史的な場面に立ち会っているのかもしれない…

松阪牛、代理出産へ 子牛減で高騰、乳牛の母体借りる

松阪牛を育てる農家は、もとになる子牛の不足に頭を悩ませている=三重県松阪市、高木文子撮影 松阪牛の産地、三重県の畜産ベンチャーが、乳牛の母体を借りた代理出産での繁殖に北海道で乗り出す。三重の地銀、百五銀行が28日、出資を発表した。年老いた農…

熊谷の大温度計が引退へ 「暑さ推しは印象悪い」苦情も

今年限りで見納めとなる大温度計=昨年5月、埼玉県熊谷市 全国有数の暑さで知られる埼玉県熊谷市に毎夏設置されてきた「大温度計」が、今季限りで姿を消すことになった。 市は暑さと市民の「熱さ」をかけた地域活性化事業「あついぞ!熊谷」を2005年度…

セーヌ川に「帆船」イメージの音楽ホール

パリ西側の玄関口に誕生した音楽複合施設「ラ・セーヌ・ミュジカル」。球状の建物がセーヌ川の中州・セガン島に浮かんでいる(20日、パリで)=作田総輝撮影 【パリ=作田総輝】フランスのセーヌ川に浮かぶパリ西郊のセガン島に、国際的に活躍している建築…

「宇宙開発発祥の地」、納税返礼品は天体望遠鏡

10万円以上の寄付で贈られる天体望遠鏡(国分寺市提供) 「宇宙開発発祥の地」をPRする東京都国分寺市は、ふるさと納税の返礼品に、天体望遠鏡と星を観察するための双眼鏡を加えた。 市が2015年4月に返礼品としたペンシルロケットのレプリカに続き…

焼失から8年、旧吉田茂邸を公開…ソファも復元

再建された旧吉田茂邸を訪れた自民党の二階幹事長(左から3人目)ら(3月26日、神奈川県大磯町で) 吉田茂元首相(1878~1967年)が晩年を過ごし、1979年には日米首脳会談が行われるなど戦後政治の舞台となった旧吉田茂邸(神奈川県大磯町)…

100年目の「弘前さくらまつり」満開もうすぐ

見頃を迎えた弘前公園の桜。今年は「弘前さくらまつり」の前身、観桜会開始から100年目を記念し、和船でのお堀巡りも行われた(24日午前、青森県弘前市で)=冨田大介撮影 青森県弘前市の弘前公園でソメイヨシノが見頃を迎え、24日も大勢の花見客の目…

空海の名の由来?修行積んだ洞窟、入場禁止続く

立ち入り禁止となっている御厨人窟。手前には、落下調査のための布が敷かれている(室戸市で) 若き日の弘法大師・空海が修行を積んだ高知県室戸市の御厨人窟みくろどは、2015年11月の落石事故以降、立ち入り禁止の状態が続いている。 観光客らの安全…

天皇陛下、伊調馨選手ねぎらう…園遊会に2千人

春の園遊会でレスリングの伊調馨選手(右から3人目)に話しかけられる天皇、皇后両陛下(20日午後2時34分、東京・元赤坂で)=杉本昌大撮影 天皇、皇后両陛下主催の春の園遊会が20日、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれ、各界の功労者ら約2000人が…

富士山に桜、五重塔…「日本の美」一望に人気

富士山を背景に、五重塔周辺で咲き誇る桜(20日午前、山梨県富士吉田市で)=中山潤撮影 富士山を背景に、桜と五重塔を一望できる山梨県富士吉田市の新倉山浅間あらくらやませんげん公園で約650本のソメイヨシノが満開となり、大勢の外国人観光客らでに…

20歳で冒険グランドスラム、早大3年南谷さん

記者会見で北極点踏破を報告する南谷さん(19日) 北極点と南極点、世界7大陸最高峰を全て制覇する「エクスプローラーズ・グランドスラム」を世界最年少で遂げた早稲田大3年の南谷真鈴みなみやまりんさん(20)が19日、都内で記者会見し、「つらいと…

5千万年前の神秘?「謎の丸い石」初公開 名大博物館

初公開されている「球状コンクリーション」と、名古屋大学博物館の吉田英一教授=名古屋市千種区、戸村登撮影 名古屋大学博物館(名古屋市千種区)で、宮崎県都城市の採石場で見つかった、直径約50センチ、重さ約50キロの球状の「石」を初公開中だ。 一…

大分駅前、たたみ200畳 歩行者天国なのに座る人続出

大分駅前の通りに敷かれた畳の上で、来場者たちがくつろいでいた=大分市の中央通り 大分市のJR大分駅前の通り約320メートルが16日、歩行者天国として開放された。中心市街地の活性化のために、街中を歩き回ってもらおうと市が企画した。 通りには、…

桜を包む満天の星 和歌山・紀美野町

満天の星に包まれるソメイヨシノ=和歌山県紀美野町、内田光撮影(19時56分から20時16分まで61枚を比較明合成) 山里に日が落ちて、満天の星が桜を包み込むように輝き始めた。和歌山県北部の紀美野町は、月明かりが少ない夜には天の川も見ることが…

世界最高齢の女性が死去 最後の1800年代生まれ

2016年11月の117歳の誕生日に、ケーキのろうそくの火を消すモラーノさん(中央)=ロイター 英ギネスワールドレコーズ社が認定する世界最高齢のイタリア人女性のエマ・モラーノさんが15日、伊北部ベルバニアで死去した。117歳だった。AP通信…

お花見好きの都道府県はどこ? 日本一は雪深い東北の…

1968年5月1日に撮影された弘前公園の観桜会の様子。多くの人がおめかしをして桜を楽しんでいる=県環境生活部県民生活文化課所蔵青森県史編さん資料 青森県民のお花見好きは「筋金入り」――。気象会社「ウェザーニューズ」(千葉市)のアンケートによる…

桜との共演、今年が見納め? 来春廃線のJR三江線

潮駅を出発する三江線の始発列車=13日午前、島根県美郷町、井手さゆり撮影 来年4月1日に廃線となるJR三江線沿線で、桜が満開を迎えている。桜と列車との共演は、今年が見納めかもしれず、線路沿いに桜並木が続く潮駅(美郷町)などには、連日多くのア…

樹齢1千年?「醍醐桜」が満開…ライトアップも

満開となった「醍醐桜」(12日午前、岡山県真庭市で)=小型無人機で河村道浩撮影 樹齢1000年とされる岡山県真庭市別所の桜が、満開を迎えている。 山間地の丘の上にあり、高さ18メートル、幹回り9・2メートル。樹種はアズマヒガンで、鎌倉時代末…

芭蕉の句入りの給食食器、生誕地の伊賀で登場

芭蕉の句をプリントした俳句食器。手前はおかずの皿、奥が汁わん 三重県伊賀市教委は、地元生まれの俳人・松尾芭蕉(1644~94年)に親しみ、俳句への関心を高めようと、小中学校計7校に芭蕉の俳句をプリントした「俳句食器」を導入、10日の給食から…

長崎に多い「尾曲がり猫」あしらった路面電車

浦上車庫を出発する「みなと」 JR九州の豪華観光寝台列車「ななつ星in九州」などを手がけた工業デザイナー、水戸岡鋭治さんがデザインした路面電車「みなと」の出発式が10日、長崎市大橋町の長崎電気軌道・浦上車庫で行われた。 路面電車の魅力向上に…

造幣局「桜の通り抜け」あすから 大阪・北区

「桜の通り抜け」が始まるのを前に行われた特別観桜会=10日午前、大阪市北区、加藤諒撮影 大阪の春を彩る風物詩「桜の通り抜け」が、造幣局(大阪市北区)で11日から始まる。10日は「特別観桜会」が開かれ、招待されたお年寄りや体の不自由な人たちが…

細い羽生、ガッチリな体形に変化…支えた食生活

食事をしながら栄養面のサポートについて説明を受ける羽生(左)(味の素提供) フィギュアスケートの世界選手権で羽生結弦(22)(ANA)が3大会ぶりに世界王者の座を奪回した。 ショートプログラム(SP)は5位と出遅れたが、フリーで自らの世界歴…

「鹿せんべい」以外の餌付け、奈良公園で禁止へ

観光客に「鹿せんべい」をねだる奈良公園のシカ(8日午前、奈良市で)=枡田直也撮影 国の天然記念物に指定されている奈良公園(奈良市)のシカが観光客から菓子を与えられ、病気になるケースなどが相次いでいるとして、公園を管理する奈良県は、園内で販売…

来日中のスペイン国王、「フクシマの英雄」と再会

スペインのフェリペ6世国王(左)と再会した自衛官ら=6日、東京都千代田区、津阪直樹撮影 来日中のスペインのフェリペ6世国王が6日、東京電力福島第一原発の事故対応にあたった自衛官や消防士ら5人と面会した。国王は皇太子時代の2011年、自ら主宰…

59・6ctのピンクダイヤ、宝石最高額で落札

宝石としては過去最高額で落札されたというピンクダイヤモンド(AP) 【広州=幸内康】「ピンクスター」と名付けられた59・6カラットのピンクダイヤモンドが、香港で4日に競売にかけられ、5億5300万香港ドル(約78億7000万円)で落札された…