今日のニュース

気になったニュース

科学

中国・宇宙実験室 「天宮1号」制御不能、地球落下へ

天宮1号のイメージ=中国有人宇宙プロジェクト弁公室提供 1~2月か、予測困難 地球の周りを回る中国の無人宇宙実験室「天宮1号」が制御不能となり、数カ月以内に地球に落下するとみられることが分かった。来年1~2月の可能性が高いとの分析もある。英…

小惑星、12日に最接近 地球から5万キロの地点通過

みずがめ座の近くを、左上から右下に向かって移動する小惑星「2012TC4」(10日午後9時56分から1時間かけて撮影、東京大木曽観測所提供) 地球に12日に最接近する直径20メートルほどの小惑星「2012TC4」の撮影に、東京大木曽観測所が…

みちびき4号打ち上げ成功…日本版GPS構築へ

測位衛星「みちびき」4号機を搭載し、打ち上げられるH2Aロケット36号機(10日午前7時1分、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターで)=中司雅信撮影 日本版GPS(全地球測位システム)の構築を目指す測位衛星「みちびき」4号機を載せたH2Aロ…

月見の夜に隕石落下 小惑星が爆発、地震も発生 中国

中国雲南省に落下する隕石=中国国営中央テレビのサイトより 月見を楽しむ中国の祝日「中秋節」の4日夜、中国南部の雲南省に隕石(いんせき)が落下した。中国メディアが伝えた。中秋の名月を撮影しようとしていた人たちが、暗闇が急に明るくなり、大きな火…

35億年前、月は大気に覆われていた NASA発表

大気に覆われた月面の想像図。噴き出した溶岩からガスが出ている(米航空宇宙局提供) 米航空宇宙局(NASA)の研究チームは5日(日本時間6日)、約35億年前の月が大気に覆われていた、とする分析を発表した。火山活動で大量の水蒸気などが噴き出し、…

ノーベル化学賞、新電子顕微鏡開発の米欧3氏に

2017年のノーベル化学賞を受賞した(左から)ジャック・デュボシェ氏、ヨアヒム・フランク氏、リチャード・ヘンダーソン氏(2017年10月4日撮影) AFPBB News スウェーデン王立科学アカデミーは4日、2017年のノーベル化学賞を、生物のたんぱく質などを極…

再稼働目指す柏崎刈羽、事実上合格…東電では初

東京電力柏崎刈羽原子力発電所6、7号機の審査書案についてなどの議論が行われた原子力規制委員会の定例会合(4日午前11時38分、東京都港区で)=高橋美帆撮影 東京電力が再稼働を目指す柏崎刈羽かしわざきかりわ原子力発電所6、7号機(新潟県)につ…

「最初は犬かと…」黒いキタキツネ、知床で確認

北海道斜里町で撮影された全身が黒いキツネ(知床博物館提供) 北海道の知床半島で、全身が黒いキタキツネが撮影された。 キタキツネの体毛はオレンジから黄色が一般的で、撮影した知床博物館(斜里町)の村上隆広学芸員(47)は「最初は犬かと思った。黒…

「重力波」の米3氏=初観測、ノーベル物理学賞-アインシュタインが予言

ノーベル物理学賞に決まった(左から)レイナー・ワイス米マサチューセッツ工科大名誉教授、バリー・バリッシュ米カリフォルニア工科大名誉教授、キップ・ソーン同大名誉教授(AFP=時事) スウェーデン王立科学アカデミーは3日、2017年のノーベル物…

ノーベル医学生理学賞、米国の3氏に 体内時計を研究

スウェーデンのカロリンスカ医科大は2日、今年のノーベル医学生理学賞を、米国のジェフリー・ホール、マイケル・ロスバッシュ、マイケル・ヤングの3氏に贈ると発表した。業績は「概日リズムをつかさどる分子的な仕組みの解明」。睡眠にかかわる体内時計の…

火星に5年後ロケット、7年後には有人飛行計画

スペースX社が計画する火星向けロケットのイメージ(AP) 【ジャカルタ=一言剛之】米民間宇宙企業「スペースX」のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が、2022年に火星に向けてロケットを打ち上げる計画を表明した。 2年後の24年には火星…

熊本地震に不自然データ、HPで京大准教授謝罪

昨年4月に起きた熊本地震の本震で強い揺れを観測したと発表していた京都大と大阪大、産業技術総合研究所の研究チームの観測データに、不自然な点があることが2日、わかった。 チームの後藤浩之・京大准教授は自身のホームページで、「データに重要な問題が…

旅客ロケット、東京―NY間を37分…米で構想

スペースX社の火星向けロケットのイメージ(AP)。地球上の旅客用も同型 【ニューヨーク=有光裕】米宇宙開発企業スペースXは29日、ロケットで世界の主要都市を結ぶ旅客サービスの導入を目指すと発表した。 開発予定のロケットは全長約106メートル…

右手の薬指が短いほど…月経前症状は軽い

月経前に女性の体に起きる症状には、胎児の時に受ける性ホルモンが影響していることが分かったと、和歌山県立医大生理学第1講座の金桶吉起教授(神経科学)のグループが発表した。 右手の薬指が人さし指より短いほど、症状は軽い傾向にあるという。 月経前…

超巨大化の過程を解明=宇宙初期のブラックホール-東大・京大

宇宙が約138億年前に誕生してから数億年後になぜ超巨大なブラックホールが存在したかを、スーパーコンピューターで解明したと、東京大の吉田直紀教授や京都大の細川隆史准教授らが29日付の米科学誌サイエンスに発表した。〔写真特集〕宇宙の神秘コズミ…

ブラックホール合体の重力波、イタリアでも観測

【ワシントン=三井誠】米国と欧州などの国際研究チームは27日、ブラックホールが合体した時に発生した重力波を、米国だけでなく欧州の装置でも観測することに成功したと発表した。 重力波の直接観測は4回目。これまでは米国の2か所にある装置「LIGO…

渡り鳥、巧みに風にのって GPSのような能力を利用

オオミズナギドリ(東京大学大気海洋研究所提供) 渡り鳥のオオミズナギドリが、GPS(全地球測位システム)を内蔵しているかのように自分の位置を把握している可能性があることが東京大と名古屋大の研究でわかった。目印のない海上でも横風に流されず目的…

月軌道の宇宙ステーション建設、米ロが協力合意

米航空宇宙局(NASA)は27日、月軌道近くに新たな宇宙ステーションを建設する計画について、ロシアの宇宙機関ロスコスモスと協力することで合意したと発表した。オーストラリアで開催中の国際宇宙会議(IAC)で協定に署名した。 新宇宙ステーション…

世界最古の生命痕跡を発見 39億年前の岩石から

東京大学などの研究グループが、カナダで採取した39億年前の岩石から、世界最古とみられる生命の痕跡を発見したと発表しました。 東京大学の小宮剛准教授などの研究グループは、カナダ北東部のラブラドル半島にあったおよそ39億5000万年前の岩石を採…

表情・放熱…2つのカメラで感情分析 パナソニック

イライラや驚き、リラックスなどの感情を「顔」と「心」の2つのマークで表す パナソニックは27日、2種類のカメラを使い、表情や放熱量から人間の感情を分析する技術を開発したと発表した。通常のカメラで単に表情を読み取るだけでなく、「サーモカメラ」で…

うつ病リスク下げるには、青魚に多い成分有効か

魚介類を多く食べる人はうつ病を発症するリスクが下がるとする調査結果を、国立がん研究センターなどがまとめた。 青魚に多い成分のオメガ3系脂肪酸に抗うつ効果があるとみている。 調査は、1990年に長野県の佐久保健所管内に住んでいた40~59歳の…

ハエ、青い光を当てるとなぜ死ぬ? 山梨の高校生が解明

発表ポスターの前に立つ平田匠さん=韮崎市若宮3丁目の韮崎高校 宮城県で8月に開催された全国高校総合文化祭(総文祭)の自然科学部門のポスター発表部門で、山梨県の韮崎高校生物研究部が文部科学大臣賞(最優秀賞)を受賞した。青い光による殺虫効果の仕…

30年で初、青いカニ…漁の仕掛けで見つかる

青いモクズガニ。奥は普通のモクズガニ(愛媛県松野町で) 愛媛県松野町延野々の淡水魚水族館・おさかな館で、甲羅や足の色が青っぽいモクズガニが展示され、来館者の話題を集めている。 甲羅の幅約7センチで、雌の成体とみられる。同館によると、同県鬼北…

人以外で初確認、ペンギンがクラゲ捕食…極地研

豪州沖でクラゲを捕食するコガタペンギン。別のペンギンに付けたカメラで撮影(国立極地研提供) 南極などのペンギンがクラゲを捕らえて食べる様子を撮影したと、国立極地研究所などの研究チームが発表した。 クラゲは体のほとんどが水分で栄養に乏しいとさ…

米国版「はやぶさ」の撮影に成功…地球に接近

撮影された小惑星探査機「オシリス・レックス」(28枚の写真を探査機に固定して合成。中央の直角に置いた2本の線で示す)=県柳田星の観察館「満天星」提供 石川県能登町上町の県柳田星の観察館「満天星」は、米国の小惑星探査機「オシリス・レックス」の…

「努力報われる」赤ちゃん認識か…大人の姿見て

【ワシントン=三井誠】大人が努力する姿を見た赤ちゃんは我慢強く物事に取り組むとする研究成果を、米マサチューセッツ工科大(MIT)の研究チームがまとめた。 赤ちゃんが「努力は報われる」と感じた可能性があるという。論文は22日付の米科学誌サイエ…

江戸時代の空、巨大オーロラ…日記から推定

「星解」に描かれた、オーロラとみられる絵=三重県松阪市提供 江戸時代の日記などに書かれたオーロラの記録から、約250年前に史上最大規模の磁気嵐が発生していたことが分かったと、国立極地研究所(極地研)などの研究チームが発表した。 論文が米国の…

「カッシーニ」土星に突入し消滅…任務終える

土星突入前の最終観測中に撮影された土星の輪(NASAなど提供) 【ワシントン=三井誠】米航空宇宙局(NASA)は15日午前(日本時間同日夜)、無人探査機「カッシーニ」が土星の大気に突入して消滅し、20年にわたった任務を終えたと発表した。 1…

〝性器の〟大発見! 日本人、イグ・ノーベル賞

14日、ハーバード大で開かれた「イグ・ノーベル賞」の授賞式=米マサチューセッツ州ケンブリッジ(共同) 【ケンブリッジ共同】ユニークな科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が14日、米マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大で…

ママはヤギ、パパはヒツジ? 見慣れぬ縮れ毛「奇跡だ」

7月上旬、ポプリは全体的に毛がヒツジのように縮れていた(大阪府河南町、ワールド牧場提供) 大阪府河南町白木のワールド牧場で5月、直毛のヤギから毛が縮れたメスの子どもが生まれた。父親は牧場内のヒツジとみられ、牧場が委託した民間会社の遺伝子検査…