今日のニュース

気になったニュース

動物

神戸港で新たな毒性アリ100匹発見…中米原産

アカカミアリ=環境省提供 環境省と神戸市は21日、神戸港のコンテナヤードで、毒を持つ特定外来生物の「アカカミアリ」が見つかったと発表した。 同港では、強い毒を持つ外来種の「ヒアリ」も見つかっている。 発表によると、アカカミアリは中米などの原産…

ツバメの巣「見守って」、巣の下の改札1基閉鎖

巣から顔を出すツバメ JR鎌倉駅(神奈川県鎌倉市)で、ツバメが東口自動改札の真上に巣を作った。 同駅は「ツバメ子育て中 やさしく見守ってください」と掲示するとともに、フン被害を防ぐために8基ある自動改札のうち1基を閉鎖した。通りかかった観光客…

クマに遭遇?恐怖で幻覚? 不明の男性、4日ぶり保護

秋田県仙北市田沢湖玉川の山林でタケノコ採りをしていて行方不明になっていた美郷町土崎の土木作業員高橋正良さん(59)が19日、4日ぶりに保護された。高橋さんは20日、取材に応じ、クマなど野生動物におびえながら生還するまでを振り返った。 高橋さ…

パンダの赤ちゃん、1週間超え「まずは一安心」

右前脚に赤ちゃんを抱き、竹の葉を食べるシンシン(19日、東京都台東区の上野動物園で)=東京動物園協会提供 上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの赤ちゃんは、20日も元気な様子が確認された。 12日に誕生してから、順調に育つかどうか…

ネコ家畜化、新石器時代に拡大か DNA研究

窓の外を見る猫。英ロンドンで(2017年5月19日撮影、資料写真) 【AFP=時事】ネコは古代エジプトを「征服」するはるか以前に、石器時代の農耕民を魅了していたとする研究論文が19日、発表された。DNA分析で明らかになったところによると、これ以降にネコの…

泳ぐツキノワグマ、相模湖で目撃 注意を呼びかけ

神奈川県相模原市は16日、緑区若柳の相模湖で、泳いで岸に上がるツキノワグマの目撃があったと発表した。市水みどり環境課によると、泳いでいるクマの目撃は相模原市では初めてという。 市によると、16日午前10時半ごろ、ボートで釣りをしていた緑区在…

「豊漁」と驚いていたら…マグロの幼魚取り過ぎ

長崎魚市場に入荷された太平洋クロマグロの幼魚 資源が減少している太平洋クロマグロの幼魚(30キロ・グラム未満)の漁獲規制を巡り、長崎県内の今漁期(2016年7月~17年6月)の漁獲量が、県に割り当てられている632・3トンの枠を50トン以上…

ライチョウ、人工繁殖で初のひな誕生 富山

国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖に取り組む富山市ファミリーパークは18日、2羽のひながふ化したと発表した。環境省などが進める人工繁殖事業で、成鳥まで育てつがいにし、ひなが誕生するのは初めて。同パークでは先月20日に…

強毒「ヒアリ」 神戸市内でも確認

強い毒を持つ特定外来種のヒアリ(環境省提供) 神戸港で陸揚げされ、尼崎市に運ばれたコンテナから見つかった強い毒を持つ特定外来生物「ヒアリ」が、神戸・ポートアイランドのコンテナヤードでも見つかったことが18日分かった。神戸市は対策本部を設置し…

公園でクマ2頭捕獲、その後も近くで目撃情報

横手公園内に設置されたオリで捕獲されたクマのうちの1頭(秋田県横手市提供) 秋田県横手市は17日、クマの目撃が相次いでいた横手公園内でクマ2頭を捕獲し、駆除したと発表した。 捕獲後も公園近くでクマの目撃があったことから、市などが警戒を続けて…

上野のパンダ赤ちゃん、顔の映像公開

顔が写った映像が公開された、ジャイアントパンダの赤ちゃん=17日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供) 上野動物園(東京・台東)は17日、ジャイアントパンダの赤ちゃんの顔が映った映像を公開した。雌シンシン(11歳)が、出産後初めて食事をした際の…

パンダベビー147グラム…性別は判別できず

産後初めて水分を口にするシンシン(13日、東京都台東区の上野動物園で)=東京動物園協会提供 上野動物園(東京都台東区)は14日、ジャイアントパンダの赤ちゃんの身体測定を生後初めて行い、体長14・3センチ、体重147グラムだったと発表した。 …

赤ちゃんに興味シンシン、順調に子育て

産室の壁にもたれかかり、赤ちゃんを右前脚で抱くシンシン(13日午前、東京都台東区の上野動物園で)=東京動物園協会提供 ジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生した上野動物園(東京都台東区)は13日、母親の「シンシン」が赤ちゃんを抱きかかえるなど、…

毒針ある「ヒアリ」国内で初確認…死亡の恐れも

国内で初めて見つかった外来種のアリ「ヒアリ」(環境省提供) 環境省は13日、南米原産で毒針がある外来種のアリ「ヒアリ」が国内で初めて確認されたと発表した。 神戸市で荷揚げされた中国からのコンテナ内で見つかった。アリは殺虫剤で駆除したが、外部…

寺のカモ親子、鴨川へ…700mハラハラ移動

鴨川に「引っ越し」するカモの親子(京都市左京区で)=長沖真未撮影 京都市左京区の要法寺の池で生まれたカモの子ども6羽が11日、母親と一緒に寺の西を流れる鴨川まで約700メートルを歩いて引っ越しした。 寺の池には2005年頃からカモが飛来。春…

「私とパンダ、どっちが大事なの」 毎日パンダの会社員

「毎日パンダ」を配信する高氏貴博さん=池田良撮影 ■上野のパンダの様子を毎日紹介する会社員 高氏貴博さん(39) 上野動物園のパンダ、シンシンが出産 5年ぶり 東京・上野動物園に毎日通い、2頭のジャイアントパンダの様子をブログで報告している。1…

上野動物園のパンダ「シンシン」、5年ぶり出産

子の世話をする母親「シンシン」(12日、上野動物園で)=東京動物園協会提供 東京都は12日、上野動物園(東京都台東区)のメスのジャイアントパンダ「シンシン」(11歳)が赤ちゃん1頭を出産したと発表した。 同園でのパンダの誕生は5年ぶり5例目…

外来種のガ大量発生、薬剤注文相次ぎ補正予算案

南さつま市で大量発生しているキオビエダシャクの成虫(県森林技術総合センター提供) 鹿児島県南さつま市で、南方系の外来種のガ「キオビエダシャク」が大量発生し、市木に指定されているイヌマキに被害が出ている。 市は自治会ごとの防除を呼びかけ、薬剤…

空飛ぶペンギン?サンシャイン水族館に新水槽

大空を舞うよう屋上の水槽を行き交うペンギン(東京都豊島区で)=加藤学撮影 東京都豊島区のサンシャイン水族館の屋上エリアに水槽が新設され、ペンギンたちがまるで空を飛ぶように泳ぎ回っている。 同エリアは7月12日に改装オープンする。 水槽は高さ2…

左足骨折のトキ幼鳥保護…交通事故、初の事例か

負傷して新潟県佐渡市の水田でうずくまっているトキの幼鳥(8日、環境省提供) 環境省は9日、左足を骨折したトキの幼鳥を保護したと発表した。 同省は交通事故にあった可能性があるとしている。トキが交通事故にあったケースは、これまで確認されていない…

ドローンでサル撃退作戦…ぬいぐるみ付け鳴き声

サルの鳴き声に見せかけるため、ぬいぐるみを取り付けたドローン 野生のニホンザルによる農作物被害が相次ぐ大分市神崎の田ノ浦地区で、同市がドローン(小型無人機)を使ってサルを追い払う取り組みを進めている。 約半年間にわたり、上空からサルが嫌がる…

ごみ収集車でひな3羽誕生、ただいま子育て中 京都

車前面の隙間から見えるキセキレイのひな=山科区 京都市でごみを集めるごみ収集車のエンジンルームに、キセキレイが巣を作り、ひな3羽が生まれた。親鳥はバンパーの隙間からえさを運び、懸命に子育て中。収集車を管理する運送会社の関係者らも、その様子を…

ブタ19頭、トラック事故で逃げる 阪神高速が通行止め

阪神高速道路で大破した車両とブタ=8日午前10時55分、大阪府池田市、朝日新聞社ヘリから、加藤諒撮影 8日午前9時40分ごろ、大阪府池田市の阪神高速池田線の上り線で、トラックの事故があったと110番通報があった。府警によると、トラックの荷台…

駅の柱の中から鳴き声…通報から3日、子猫救助

救助された子猫 茨城県土浦市のJR常磐線荒川沖駅で5日、駅舎入り口のひさし部分を支える柱(高さ約3メートル)の内部に迷い込んでいた子猫が助け出された。 2日夕から、猫の鳴き声が聞こえると市などに連絡が相次いでいた。場所を特定できず、救助に時…

排泄物を放置、猫13匹を虐待容疑 25歳女を逮捕

不衛生な環境で猫13匹を飼い、うち11匹の死骸を公園に埋めたとして、神奈川県警相模原南署は5日、埼玉県朝霞市三原3丁目の無職竹沢絵利香容疑者(25)を動物愛護法違反(虐待)と廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで逮捕し、発表した。竹沢容疑者…

駅前ツバメの巣駆除、ヒナ落下死…利用者の前で

相模原市緑区のJR相模湖駅前で先月27日、バス・タクシー乗り場の屋根にあったツバメの巣を、駅職員が利用者の目の前で棒を使って壊し、落ちたヒナ1羽が死んでいたことが2日、わかった。 鳥獣保護管理法違反の可能性もあり、JR東日本は「配慮が足りな…

絶滅危惧種のオオルリシジミ羽化…長野・安曇野

羽化したオオルリシジミ=竹田淳一郎撮影 環境省のレッドリストで絶滅危惧1類に指定されているチョウ「オオルリシジミ」が羽化の時期を迎え、長野県安曇野市の国営アルプスあづみの公園(堀金・穂高地区)で優雅に舞う姿が観察されている。 オオルリシジミ…

野生復帰目指し、トキ18羽を放鳥…新潟・佐渡

里山へと飛び立つトキ(2日午前7時12分、新潟県佐渡市で)=石原健治撮影 国の特別天然記念物トキの野生復帰を目指す放鳥が2日、新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターで行われた。 2008年の第1回から10年目を迎え、計16回目。 午前6時にケージ…

不潔「猫屋敷」76匹保護…虐待容疑で書類送検

多数の猫を劣悪な環境下で飼育したとして、神奈川県警は1日、同県大和市の土木作業員の男(49)を動物愛護法違反(虐待)容疑で書類送検した。 男の家は近所で「猫屋敷」と呼ばれ、猫の死骸や排せつ物、ゴミなどが散乱していたといい、保護された猫は76…

人気のカリフォルニアアシカ、背骨の骨折で死ぬ

来園者に親しまれた「チコ」(千葉市動物公園提供) 千葉市動物公園(若葉区)は31日、雌のカリフォルニアアシカ「チコ」(3歳)が死んだと発表した。 死因は背骨の骨折。 チコは天王寺動物園(大阪市)で生まれ、2016年6月に来園。人間に興味を持っ…

飼い猫と一緒に働ける会社 月5千円の「猫手当」も

キーボードの前でくつろぐ「輪(リン)」(1歳、メス)=東京都新宿区、木野正章撮影 猫と「同伴」で出勤し、勤務中も放し飼いにできる職場が東京・新宿にある。ウェブサイト制作などを手がけるIT企業「ファーレイ」。猫のための「手当」まである。仕事中…

ごみ背負うヤドカリ…世界遺産の島に大量プラ、日本製も

貝殻ではなく、化粧品の容器を背負ったヤドカリの仲間。流れ着いたプラスチックごみは生態系にも影響を与えている(2015年、英領ヘンダーソン島、豪タスマニア大学のジェニファー・レイバース氏提供) 南太平洋の世界遺産、英領ヘンダーソン島に、日本製…

最近とれる「謎」のフグ、雑種だった 温暖化が影響?

ショウサイフグ(上)、雑種のフグ(中)、ゴマフグ(下)=水産大学校の高橋洋准教授提供 太平洋側で5年前から大量にとれるようになった「謎」のフグを調べたところ、主に日本海沖に生息するゴマフグと、日本沿岸に分布するショウサイフグの雑種だったこと…

名所でホタル激減、観賞会中止…上流にヘドロ

ホタルが激減した樗谿公園内の川を見つめる米沢さん。「何とかして観賞会を復活させたい」と話す(鳥取市上町で) ホタルの名所として知られる鳥取市上町の樗谿おうちだに公園で毎年初夏に開かれてきた観賞会が、今年は中止されることになった。 主催する市…

タケノコ採りの61歳女性、クマに襲われ?死亡

タケノコ採りの女性がクマに襲われたとみられる山林(27日午後、秋田県仙北市田沢湖玉川で) 27日午後0時45分頃、秋田県仙北市田沢湖玉川の山林で、タケノコ採りをしていた同市田沢湖卒田、看護助手大石正子さん(61)が頭から血を流して倒れている…

前にクマ、後ろに警官…逃走の3人「挟み撃ち」

宇都宮市の住宅で住人の女性(75)ら2人にけがを負わせたうえ、660万円相当の宝石が入った金庫などを奪ったとして、強盗致傷容疑で追跡されていた男3人が、栃木県日光市の山林を逃走中にクマに遭遇、県警の捜査員とクマに「挟み撃ち」される形となり…

急増、大島のキョン捕獲せよ 島民数の1.6倍まで繁殖 都、チーム名公募

伊豆大島で野生化し、大量繁殖している小型のシカ「キョン」(都環境局提供)(写真:産経新聞) 伊豆大島(大島町)で島民の1・6倍の数まで大量繁殖している「キョン」への対策として、小池百合子知事は26日、今秋にも捕獲業者や島民による「キョン捕獲…

動物の死が相次ぐ円山動物園、獣舎に監視カメラ

飼育動物の死が今年も相次ぐ中、対策に頭を痛める札幌市円山動物園は今秋にも、一部獣舎に24時間態勢で稼働する監視カメラを設置する。 夜間など職員不在時の行動を確認できるようにすることで、動物の異変にいち早く対応するほか、事故が起きた際の原因究…

専門家も驚く、学校プールに希少サンショウウオ

岐阜県で飼育されているカスミサンショウウオ(1月撮影) 佐賀県唐津市立名護屋小のプールで25日、絶滅危惧種の両生類・カスミサンショウウオが見つかった。 近くに川などはなく、すみ着いた経緯は分からないという。専門家は「学校のプールで見つかった…

ツバメの子育て見守る街 巣撤去せず、落下ヒナは交番へ

ツバメが飛び回る防犯カメラのそばには「頭上注意」の貼り紙も=取手駅西口 茨城県のJR取手駅周辺でツバメが盛んに飛び交っている。駅ビルの壁や防犯カメラ、地下通路のほか、コーヒーチェーン店などにも巣を作り、子育ての真っ最中だ。利根川の河川敷に近…

保護の「メガマウス」死ぬ 千葉 館山

いけすの中でゆったり泳ぐメガマウスザメ=22日午後5時16分、千葉県館山市沖、恵原弘太郎撮影 22日、千葉県館山市の沖合で定置網にかかり保護された「メガマウス」と呼ばれるサメが、23日午前、死んでいるのが確認されました。死んだメガマウスは、…

忠犬リリ、車いすを押す 今日も飼い主とお散歩へ

初めて三枝子さんを乗せて車いすを押すリリ。そばには政男さんが=5月21日、栃木県塩谷町、梶山天撮影 栃木県日光市に隣接する塩谷(しおや)町で、飼い主が乗る車いすを押す犬が話題になっている。 農業、斎藤政男さん(67)が乗る車いすを押すのは、…

新江ノ島水族館、イルカ誕生…JAZA退会後初

母のシリアスと泳ぐバンドウイルカの赤ちゃん(新江ノ島水族館提供) 新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市片瀬海岸)で、バンドウイルカの赤ちゃんが生まれた。 同水族館が3月末、和歌山県太地たいじ町の追い込み漁で捕獲されたイルカの入手を禁じた日本動物園…

大口 幻の巨大ザメ、泳ぐ姿撮った

いけすの中でゆったり泳ぐメガマウスザメ=22日午後、千葉県館山市沖 幻の巨大ザメと呼ばれる「メガマウス」が22日朝、千葉県館山市沖の定置網に入った。体長約5~6メートルのメス。近くのいけすに移され、ゆったり泳ぐ姿を朝日新聞記者が潜水し撮影し…

【コウノトリ誤射事故】残されたオス鳥、ひなに餌やり確認 ひな保護の可能性も

巣に戻ってきたコウノトリの親鳥。ひなに餌を与えているとみられる=20日午後、島根県雲南市 島根県雲南市教育委員会は20日、雌の親鳥が19日にハンターの誤射で死んだコウノトリ(国の特別天然記念物)の市内の巣周辺を観察し、残った雄がひな4羽に餌…

営巣のコウノトリ、誤射で死ぬ…サギ駆除中に

島根県雲南市教委は19日、同市で営巣している国の特別天然記念物・コウノトリのペアのうち、雌(5歳)が、猟友会員の猟銃による誤射で死んだと発表した。 市教委によると、同日午前、サギを駆除しようとした猟友会員が、田んぼにいるコウノトリを誤射した…

肉食魚「アリゲーターガー」名古屋城外堀で捕獲

名古屋城の外堀で捕獲されたアリゲーターガー(17日午後10時11分、名古屋市天白区のなごや生物多様性センターで)=原田拓未撮影 名古屋市は17日、名古屋城(中区)の外堀で確認された北米原産の肉食淡水魚「アリゲーターガー」1匹を捕獲したと発表…

独の鉄道工事現場に貴重なトカゲ、1匹ずつ救出

鉄道工事現場近で見つかり、「保護」されたカナヘビ(ドイツ鉄道提供) 【ベルリン=井口馨】ドイツ高速鉄道の新線敷設現場に、貴重なトカゲが大量に生息していることが判明し、専門家が1匹ずつ捕獲して安全な場所に移す「救出作戦」が行われている。 ドイ…

今年初の赤ちゃんザルは「ピコ」 大分、PPAPから

母親のカスタードに抱かれるピコ=13日、大分市神崎の高崎山自然動物園 大分市の高崎山自然動物園は13日、今年最初に生まれた赤ちゃんザルを「ピコ」と命名した。大ヒットした「PPAP」を歌うピコ太郎さんにちなんだ。 園は毎年、その年最初の赤ちゃ…

絶滅懸念「ニホンイシガメ」襲うのはアライグマ

足を失ったイシガメ。アライグマに食いちぎられたとみられる(京都府京田辺市で、京都府保健環境研究所提供) 絶滅が懸念される日本固有種の「ニホンイシガメ」が、野生化した北米原産のアライグマに襲われるなどして激減していることが、京都府保健環境研究…