今日のニュース

気になったニュース

動物

30年で初、青いカニ…漁の仕掛けで見つかる

青いモクズガニ。奥は普通のモクズガニ(愛媛県松野町で) 愛媛県松野町延野々の淡水魚水族館・おさかな館で、甲羅や足の色が青っぽいモクズガニが展示され、来館者の話題を集めている。 甲羅の幅約7センチで、雌の成体とみられる。同館によると、同県鬼北…

人以外で初確認、ペンギンがクラゲ捕食…極地研

豪州沖でクラゲを捕食するコガタペンギン。別のペンギンに付けたカメラで撮影(国立極地研提供) 南極などのペンギンがクラゲを捕らえて食べる様子を撮影したと、国立極地研究所などの研究チームが発表した。 クラゲは体のほとんどが水分で栄養に乏しいとさ…

赤ちゃんパンダ、名前はシャンシャン 上野動物園

歯の確認をされるジャイアントパンダの雌の赤ちゃん(20日、東京・上野動物園)=東京動物園協会提供・共同 上野動物園(台東区)で6月に誕生したジャイアントパンダの雌の赤ちゃんの名前が「シャンシャン(香香)」に決まったことが、25日分かった。同日午…

スズメバチに刺され11人搬送 東京・芝公園

23日午後4時20分ごろ、東京都港区の芝公園内で「スズメバチに刺された」と119番通報があった。東京消防庁や警視庁愛宕署によると、子どもを含む11人が病院に搬送されたが、いずれも軽症で命に別条はないという。公園事務所によると、事務所職員が…

ロヒンギャの高齢者2人、ゾウに踏まれて死亡

【バンコク=大重真弓】バングラデシュ警察は18日、同国南東部コックスバザールで同日、ミャンマーから避難してきたロヒンギャの高齢者2人が野生のゾウに踏みつけられ、死亡したと明らかにした。 AFP通信が報じた。 2人は最近避難して難民キャンプ近…

線路上に突然クマ、秋田新幹線が衝突し緊急停車

16日午前11時15分頃、秋田市のJR秋田新幹線の羽後境駅―和田駅間で、下りの「こまち3号」(7両編成)がクマと衝突し、緊急停車した。 乗客約200人にけがはなかった。和田駅まで徐行運転した後、車両点検を行った影響で、上下計2本が最大約40…

〝性器の〟大発見! 日本人、イグ・ノーベル賞

14日、ハーバード大で開かれた「イグ・ノーベル賞」の授賞式=米マサチューセッツ州ケンブリッジ(共同) 【ケンブリッジ共同】ユニークな科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が14日、米マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大で…

謎の「夜のオウム」、100年ぶり豪で生息確認

ナイト・パロットとみられる鳥(豪州野生動物保護協会提供) 【ジャカルタ=一言剛之】「世界で最も謎に包まれた鳥」と呼ばれる「ナイト・パロット(夜のオウム)」の羽根がオーストラリア南部で見つかり、専門家を驚かせている。 発見した自然保護団体「豪…

トネリコなど2万5千種が絶滅危惧 レッドリスト最新版

絶滅の危険が増したジャイアントイランド(IUCN提供) 国際自然保護連合(IUCN、本部・スイス)は14日、絶滅の恐れがある動植物をまとめた「レッドリスト」の最新版を発表した。世界の8万7967種を評価し、約3割の2万5062種を絶滅危惧種…

シーパラで深海生物88匹全滅…水温設備故障

「横浜・八景島シーパラダイス」(横浜市金沢区)の水族館で、研究機関から譲渡された希少な深海生物88匹が、水槽内の水温をコントロールする設備の故障などにより、全て死んでいたことがわかった。 施設を運営する「横浜八景島」によると、深海生物は国立…

ママはヤギ、パパはヒツジ? 見慣れぬ縮れ毛「奇跡だ」

7月上旬、ポプリは全体的に毛がヒツジのように縮れていた(大阪府河南町、ワールド牧場提供) 大阪府河南町白木のワールド牧場で5月、直毛のヤギから毛が縮れたメスの子どもが生まれた。父親は牧場内のヒツジとみられ、牧場が委託した民間会社の遺伝子検査…

サルの自撮り写真の著作権めぐる訴訟、写真家が勝訴

インドネシアのジャングルでマカクザルが写真家のカメラを取り上げて撮った自撮り写真について、2年におよぶ著作権訴訟が、写真家の勝訴で決着した。米国の裁判所は動物愛護団体の控訴を退けた。 問題の写真は2011年にマカクザルの「ナルト」が、英南西部モ…

コルセットと腹の間に小型サル、税関職員気づく

成田空港で没収されたレッサースローロリス(東京税関成田税関支署提供) ワシントン条約で商業目的の輸出入が禁じられている小型のサルを密輸しようとしたとして、千葉県警は11日、東京都葛飾区、無職の男(54)を関税法違反(無許可輸入)未遂の疑いで…

ヒョウ柄の巨大外来ナメクジ、北海道で生息域が急拡大 農作物の食害の恐れも

マダラコウラナメクジ(森井悠太・北海道大研究員提供)(写真:産経新聞) 体長が最大15センチにも達する巨大な外来ナメクジが、北海道で猛烈な勢いで生息域を拡大していることが、北海道大などの調査で分かった。鮮やかなヒョウ柄の模様が特徴の「マダラ…

スズメバチの巣撤去、スプレー引火で県宝全焼か

県宝の「斎館」(左)などが全焼した現場を実況見分する千曲署員ら(7日午前9時32分、千曲市八幡で) 長野県千曲市で6日夜、県宝に指定されている松田家住宅の「主屋」や「斎館」などが焼けた火災で、煙を吸って病院搬送された60歳代男性がスズメバチ…

行方不明のボスザル、対岸にとり残された?宮崎・幸島

行方不明になっている9代目ボスザルのケイ=宮崎県串間市 イモ洗い行動で知られるニホンザルの生息地・宮崎県串間市の幸島(こうじま)で、ボスザルのケイ(13歳)がいなくなって1カ月。砂が堆積(たいせき)して対岸と陸続きになっていた時期に、監視員…

感染症啓発会見のはずが…マダニ逃げて大慌て

殺虫剤を手に記者室内でマダニを捜す職員(4日午後、宮崎県庁で)=山下雅文撮影 宮崎県が4日に開いた「マダニ」を介した感染症への注意を呼びかける記者会見で、持参したマダニを逃がす騒ぎがあった。 見つけることができなかったため、職員が室内に殺虫…

「いないはず」の島に… 沖縄・粟国島でハブ見つかる

生息していないとされてきた粟国島で見つかったハブ(沖縄県提供) 猛毒を持つハブがいないとされている沖縄県の粟国(あぐに)島で、全長1メートルのハブが見つかった。島外から持ち込まれたのか、もともと島に生息していたのかは分からず、県は調査を始め…

名古屋城のシカが大けが 現在残る2頭のうちの1頭

名古屋城の内堀で暮らす母子とみられる2頭のシカ。今回、このうち1頭が負傷した=2013年4月撮影 名古屋市は5日、名古屋城内堀(空堀)で暮らすシカ2頭のうち1頭が前脚を脱臼するなどの大けがをしたと発表した。内堀に治療用のおりを設け、獣医師が…

カッコウの托卵、その狡猾さがあらわに 英研究

カッコウの雌がその鳴き声をまねることが分かったとされる猛禽類のハイタカ(2008年6月15日撮影、資料写真)【AFP=時事】卵を抱いている他種の鳥の巣にこっそりと自分の卵を産みつけ、親としての義務を逃れる托卵(たくらん)行動で知られるカッコウは、こ…

これ本物?幸せの黄色いカマキリ 静岡・磐田

黄色のカマキリの幼虫=磐田市竜洋昆虫自然観察公園 見たら幸せになれるかも――。そんな鮮やかな黄色をしたカマキリが注目を集めている。静岡県磐田市竜洋昆虫自然観察公園(同市大中瀬)の飼育担当者がツイッターでつぶやくと、1週間で約1万件の「いいね」…

白い翼のカラス、島根で撮影 地元博物館の見立ては…

翼の一部が白いカラス=島根県益田市匹見町、福原純孝さん撮影 島根県益田市匹見町の水田地帯で、翼の一部が白いカラスを同市の全日写連会員、福原純孝(じゅんこう)さん(73)が撮影した。一帯には約2カ月前から居着き、電柱やあぜ道にいる姿が目撃され…

ヒアリ「いかだ」、米ハリケーン被災地の脅威に

ハリケーン「ハービー」に襲われたヒューストン郊外で、水面に密集し、いかだを作って浮かぶヒアリ=1日、香取啓介撮影 ハリケーン「ハービー」が襲った米南部テキサス州の被災地で、猛毒を持つ「ヒアリ」が新たな脅威になっている。ヒアリは洪水に見舞われ…

ヒグマ、昆布番屋の屋根をうろつく 北海道・知床

番屋の屋根の上であたりを見回すヒグマ=北海道羅臼町、小玉重隆撮影 北海道の世界自然遺産・知床の核心地域である知床岬に近い赤岩地区で、ヒグマが昆布番屋の屋根の上をうろつく姿が見られた。番屋に鳥類がとまることは多いが、知床とはいえ「屋根にヒグマ…

研修生、ゾウに踏まれる 群馬サファリパーク

30日午前10時ごろ、群馬県富岡市の群馬サファリパークから「飼育員の男性がゾウに踏まれた」と消防を通じて110番通報があった。県警富岡署によると、男性は人事交流で来日したインドネシア人の研修生で、ゾウに腰付近を踏まれ、病院に救急搬送された…

デング熱対策に有効な細菌感染させた蚊を大量放出 ブラジル

ブラジル・リオデジャネイロのゴベルナドール島で、蚊の放虫を行うフィオクルーズ研究所の専門家(2017年8月29日撮影) 【AFP=時事】ブラジルのリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)で29日、蚊を媒介したデングウイルスのヒトへの感染を防ぐために、細菌に感…

マダニ感染症でチーター死ぬ…動物の前例なし

7月30日に死んだアーサー(広島市安佐動物公園提供) 広島市安佐動物公園は18日、チーター2頭がマダニを介してうつるウイルス性の「重症熱性血小板減少症候群」(SFTS)を発症、死んだと発表した。 野生動物の多くはこのウイルスに感染しているが…

野生カワウソ、38年ぶり発見…韓国から渡る?

国内で38年ぶりに生きている姿が確認されたカワウソ。自動撮影装置で記録されていた(長崎県対馬市で)=琉球大提供 琉球大の伊沢雅子教授(動物生態学)らの研究グループは17日、国内で38年ぶりに野生のカワウソを長崎県・対馬で確認したと発表した。…

ゾウガメ捜しに来た父子「まさかいるとは」15分で発見

アブーと発見者の東内誠一さん、晟さん親子=16日午後5時46分、岡山県玉野市渋川3丁目 岡山県玉野市の渋川動物公園から2週間あまり行方不明になっていた大型陸ガメのアルダブラゾウガメ「アブー」が16日、園から北東150メートルの林の中で見つか…

行方不明のゾウガメ発見 懸賞金50万円、元気で食欲も

行方不明になっていたアルダブラゾウガメの「アブー」(渋川動物公園提供) 岡山県玉野市の渋川動物公園で今月1日から行方不明になっていた大型陸ガメのアルダブラゾウガメ「アブー」が16日午後、近くの林の中で見つかった。有力な手がかりがなく、渋川動…