今日のニュース

気になったニュース

2017-10-15から1日間の記事一覧

炎上ヘリに放射性物質、米「危険性は除去した」

沖縄県東村ひがしそんの米軍北部訓練場近くの牧草地で11日に米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属の大型輸送ヘリコプター「CH53」が不時着、炎上した事故で、ヘリの「インジケーター」と呼ばれる指示器に放射性物質が使われていたことが、政府関係者への…

ゾウに踏まれてまた4人死亡、ロヒンギャ難民ら

バングラデシュのロヒンギャ難民キャンプ付近に建てられた看板。「警告―野生ゾウの通り道」と書かれている(14日、ロイター) 【ニューデリー=田尾茂樹】バングラデシュ南東部コックスバザールで14日未明、ロヒンギャの難民キャンプに入り込んだ野生の…

ハリウッド大物プロデューサーを追放 セクハラ疑惑報道

多数の女性にセクハラ行為を訴えられているハリウッドのプロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏=AP 米アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミーは14日、緊急の会合を開き、多数の女性からセクハラ行為を訴えられているハリウッドの大物プロ…

人民元、自由化・国際化責任に逆行…規制強化

【北京=鎌田秀男、ワシントン=山本貴徳】中国の通貨・人民元が、国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)の構成通貨に加わってから、10月1日で1年を迎えた。 中国には、金融市場の自由化、国際化を果たす責任が求められたが、むしろ後退が目…

露解放の漁船、無事帰港…露側に保証金払う

厚岸漁港に戻った第63福寿丸(14日午前、北海道厚岸町で) 北海道根室市の南東約300キロ沖でロシア国境警備局の臨検を受けて、国後島古釜布ふるかまっぷに連行されていた厚岸漁協(厚岸町)所属のサンマ棒受け網漁船「第63福寿丸」(199トン、1…

ご神体の滝に式年報告…熊野那智大社1700年

那智の滝の前で祝詞をあげる男成宮司(和歌山県那智勝浦町で) 和歌山県那智勝浦町の世界遺産・熊野那智大社で14日、創建1700年の式年大祭が営まれ、仁坂知事や同町の寺本真一町長を始め、計約340人が<メモリアルイヤー>を祝った。 317年(仁…

国産漆需要、文化財使用で不足…初の全国調査へ

国産漆をこす輪島塗の職人。「外国産とは光沢が違う」と話す(石川県輪島市で) 漆器や仏具などに使う国産漆の安定供給に向け、経済産業省は今月にも、各地の工房から国産漆の需要を聞き取る初の全国調査に乗り出す。 文化庁が2年前、低価格の中国産に押さ…

「極めて優れた5年」習氏に権力集中加速へ

【北京=竹内誠一郎】中国・北京で14日に閉幕した共産党の重要会議、第18期中央委員会第7回総会(7中総会)の声明は、習近平シージンピン総書記(国家主席)の政権1期目について「これまでにない極めて優れた5年だった」とその成果を強く強調した。 …

回峰行達成で御所に「土足参内」…国家安泰祈願

わらじ履きで京都御所に参内する釜堀浩元師(14日午前、京都市上京区で) 天台宗の荒行「千日回峰行かいほうぎょう」を9月に達成した比叡山延暦寺一山いっさん善住院住職の釜堀浩元かまほりこうげん師(43)が14日、京都御所(京都市)にわらじ履きで…

ヒアリ2千匹、中国からのコンテナ内に…京都

環境省と京都府は14日、同府向日むこう市のコンテナ内で見つかったアリが強い毒性を持つヒアリと確認され、総数は約2000匹だったと発表した。 1か所で見つかった数としては国内最多となる。 ヒアリは12日、中国から大阪港経由で同市に運び込まれた…

トランプ氏「対北圧力」演説へ…訪問先の韓国で

【ワシントン=黒見周平、大木聖馬】トランプ米大統領は、11月初旬のアジア歴訪中に訪れる韓国で、対北朝鮮政策に関する主要演説を行う方向で最終調整に入った。 関係筋が13日、明らかにした。北朝鮮の核・ミサイル問題を政権の最重要課題に位置づけ、北…

NYの博物館に慰安婦像 韓国系新設 下院議員「首都にも」

【ニューヨーク=上塚真由】米ニューヨーク・マンハッタンの韓国系米国人団体「ニューヨーク韓人会」の建物に新設される博物館で13日、慰安婦像の除幕式が行われた。除幕式には、下院議員も出席。博物館は私有地にあるが、韓国・ソウルの日本大使館前など…

LNG発電船、インドネシアに初配備…政府検討

【ジャカルタ=一言剛之】日本とインドネシアの両政府は、海上で液化天然ガス(LNG)による火力発電を行う「LNG発電船」を、インドネシアの島々に整備する検討に入る。 土地を確保しなくても、短期間で発電を始められる利点がある。島々で構成する国が…

「また誰かが餓死するまで…」 生活保護、切り下げ進む

生活保護費と保護率の推移 給付水準の切り下げが進む生活保護。生存権の侵害を訴える受給者による訴訟が相次ぐ。一方で必要な人に保護が行き届かない現状もある。10年前、制度の運用のあり方が問われた北九州市では、適正な保護について選挙戦での議論を求…