今日のニュース

気になったニュース

2016-11-16から1日間の記事一覧

「発酵食品食べると免疫力上がる」小泉氏が解説

東京農業大学の小泉武夫名誉教授が16日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、発酵食品の健康効果などについて解説した。 日本の伝統食でもあるみそやぬか漬け、納豆などを挙げ、「乳酸菌などの力で発酵させて作る食品は、独特の臭いや味があるが保存性…

レクサス販売店で車暴走 83歳男性が試乗 福岡

16日午後3時20分ごろ、福岡市南区塩原2丁目の自動車販売店「レクサス福岡南」で、福岡県春日市の自営業の男性(83)が発進させた乗用車が試乗車用ガレージに突っ込んだ。 福岡県警によると、車は正面のシャッターを突き破り、展示されていた試乗車の…

メンチ食中毒、材料にO157付着で二次汚染か

静岡県沼津市の食品加工会社「タケフーズ」が製造した冷凍メンチを原因とする腸管出血性大腸菌Oオー157の食中毒問題で、同県は16日、患者と残っていた冷凍メンチから検出された菌の遺伝子型がすべて一致したと発表した。 静岡県は「O157が原材料に…

マレーシアに巡視船2隻を供与…首脳会談で表明

首脳会談を前にマレーシアのナジブ首相と握手を交わす安倍首相(右)(16日午後、首相官邸で)=青山謙太郎撮影 安倍首相は16日、首相官邸で、マレーシアのナジブ首相と会談し、マレーシアの海上警備能力強化を支援するため、全長90メートル級の中古の…

碓氷バイパスでトラックと衝突、軽の3人死亡

16日午前11時50分頃、群馬県安中市松井田町北野牧の国道18号碓氷バイパスで、軽乗用車と大型トラックが正面衝突した。 軽乗用車は大破し、乗っていた男性3人が死亡した。トラックの男性運転手(50)にけがはなかった。死亡した3人はいずれも埼玉…

クドカン×五輪で2019年大河ドラマ 主な舞台は東京

宮藤官九郎さん NHKは16日、2019年の大河ドラマは、五輪を題材に宮藤官九郎さんが手がけるオリジナル脚本で制作する、と発表した。タイトルや配役などは未定。20年の東京五輪を盛り上げる狙いがあるという。大河ドラマで近現代を描くのは1986…

敗者が100万票以上リード=民主に制度見直し論-米大統領選

ヒラリー・クリントン前米国務長官=9日、ニューヨーク(AFP=時事) 【ワシントン時事】米インターネットメディア「クック・ポリティカル・リポート」によると、8日に行われた米大統領選の開票で、民主党候補だったクリントン前国務長官の得票数でのリ…

客乗せ運転中気を失う?ビルにタクシー突っ込む

ビルに突っ込み、破損したタクシー(16日午後0時45分頃、町田市原町田で)=高柳繁範撮影 16日午前11時半頃、東京都町田市原町田のビル1階にタクシーが突っ込んだ。 この事故で、タクシーの後部座席にいた乗客の20~30歳代の男女2人が顔や足…

高額抗がん剤オプジーボ、50%値下げ決定 来年2月

患者1人で年約3500万円かかる新型のがん治療薬「オプジーボ」について、厚生労働省は16日の中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)で、来年2月に薬価を半額にすることを提案し、了承された。オプジーボの国内価格は米国や英国の2~5倍。高額…

「振り向き」で知るアルツハイマー病の徴候

アルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)は根本的に治すことはできませんが、症状を改善し、進行を緩やかにすることはできます。その効果は早く治療を始めるほど大きいので、できるだけ早く発見したいものです。今回は、比較的早期に日常生活に現れるサ…

「巨大な穴を1週間で修復」…英米メディア驚嘆

陥没した道路が復旧し、人や車の通行が再開された=15日午前10時28分、福岡市博多区 【ロンドン=森太】JR博多駅前の大規模道路陥没事故で、英米のメディアではわずか1週間で通行が再開されたことに驚嘆と称賛の反応が広がっている。 英BBC(電子版)…

オバマ氏「大統領になれば誰でも目を覚ます」

14日、米ホワイトハウスで、記者会見するオバマ大統領(AFP時事) 【ワシントン=黒見周平】オバマ米大統領は14日、大統領選後初の記者会見を行い、次期大統領のドナルド・トランプ氏について「理想主義ではなく、最終的には現実主義だ」と評価し、選…

米軍駐留負担7600億円、同盟国で日本トップ

政府は、米国のトランプ次期大統領が選挙戦で、日本など同盟国に米軍駐留経費の負担増を要求する考えを示していたことを巡り、日本側がすでに多額の負担をしているとして再考を促す考えだ。 日本は、在日米軍駐留経費に加え、米軍再編関係経費なども分担。防…

習主席、トランプ氏懐柔へ虎視眈々

中国の習近平国家主席(左)はトランプ政権の誕生に伴う混乱をチャンスとみている 世界を揺るがす米次期大統領、トランプの旋風をよそに、中国がうごめいている。少しでも中国に有利な状況を生み出すため、在米公館と国内シンクタンクの総力を傾けて、虎視眈…