読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

トランプ陣営とロシア「接触あった」 CIA前長官明言

f:id:obaco:20170524110254j:image

23日、米下院情報委員会で証言するブレナン前CIA長官=AP

 昨年の米大統領選へのロシアの介入をめぐる疑惑を捜査していた米中央情報局(CIA)のブレナン前長官が23日、トランプ大統領の陣営とロシア政府側が「接触していた」と明言した。連邦捜査局FBI)が捜査に乗り出したことは「十分根拠があり必要だ」と語った。

 下院情報委員会で証言した。ブレナン氏が今年1月にCIA長官を退任後、「ロシア疑惑」について語るのは初めて。情報機関元トップがトランプ陣営とロシア当局との共謀の可能性を示唆したことで、トランプ氏側への追及が強まりそうだ。

 ブレナン氏は証言で、昨年夏にロシアが米大統領選に影響を与えようとしていたことが「明確になった」と指摘。昨年8月にロシア連邦保安局(FSB)のボルトニコフ長官と電話会談し、ロシア側が干渉を続ければ「米国の有権者は激怒するだろう」と警告したと述べた。ロシア側はその後も関与を続けたという。

2017年5月24日10時27分    朝日新聞デジタル

続きを読む

カンヌの2000人が喝采…河瀬直美監督「光」

f:id:obaco:20170524104227j:image

「光」の上映終了後、感極まった様子の河瀬直美監督(左)や出演者たち

 【カンヌ=田中誠】フランスで開催中の第70回カンヌ国際映画祭で23日夜(日本時間24日早朝)、コンペティション部門に出品されている河瀬直美監督(47)の「光」の公式上映が行われた。

 視力を失っていく男性カメラマンと視覚障害者向けに映画の音声ガイドを制作する女性の交流を通し、大切なものを失った者が、新たな希望を見つける物語。映画が終わると、約2000人の観客が立ち上がって約10分間にわたって拍手や喝采を送り、河瀬監督や出演者は感極まった様子で、歓声に応えていた。

 河瀬監督の同映画祭のコンペ部門出品は5度目。上映後、河瀬監督は「言葉にならないものがこみ上げてきました。(会場と)一体感を持てた時の喜びは、かけがえがないなと感じています」と話し、主演の永瀬正敏さん(50)も「あんなに温かい拍手は初めて」と語った。

2017年05月24日 10時35分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

英爆弾テロ事件、安保理が報道向け非難声明

 【ニューヨーク=橋本潤也】国連安全保障理事会は23日、英マンチェスターで起きた爆弾テロ事件について「最も強い言葉で非難する」とする報道機関向けの声明を発表した。

 声明は、テロ行為を「国際平和と安定にとって最も深刻な脅威の一つ」と指摘し、「いかなる動機であれ、正当化できない」と強調した。安保理では同日午前のシリア問題に関する会合の冒頭、テロの犠牲者に哀悼の意を表すため、出席した各国の国連大使らが起立し、黙とうをささげた。

2017年05月24日 10時29分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

対北追加制裁合意せず、中露が慎重姿勢…安保理

f:id:obaco:20170524103644j:image

23日、国連安全保障理事会の緊急会合後、記者団に答える別所浩郎国連大使(橋本潤也撮影)

 【ニューヨーク=橋本潤也】国連安全保障理事会は23日午後(日本時間24日未明)、北朝鮮による21日の弾道ミサイル発射を受けた緊急会合を開いた。

 2週連続でミサイル発射に踏み切った北朝鮮に対し、日米両国は追加制裁の必要性を訴えたが、合意は得られなかった。対話を重視する中国やロシアなどが、慎重姿勢を崩さなかったとみられる。

 日米韓3か国が会合の開催を要請し、この日は非公開で開かれた。日本の別所浩郎こうろう国連大使によると、北朝鮮を非難し、制裁の着実な履行を目指す点では、会合出席者の認識は一致したという。しかし、追加制裁を含む今後の対応については「様々な意見が出た」ため、合意できなかったという。
2017年05月24日 10時22分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

ツバメの子育て見守る街 巣撤去せず、落下ヒナは交番へ

f:id:obaco:20170524104715j:image

ツバメが飛び回る防犯カメラのそばには「頭上注意」の貼り紙も=取手駅西口

 茨城県のJR取手駅周辺でツバメが盛んに飛び交っている。駅ビルの壁や防犯カメラ、地下通路のほか、コーヒーチェーン店などにも巣を作り、子育ての真っ最中だ。利根川の河川敷に近く餌も豊富なことから居心地がいいようで、毎年、取手市も巣を撤去せずに見守っている。
 駅西口の商業ビル「ボックスヒル取手」(6階建て)の壁面や1階のコンビニエンスストアなどで巣を見ることができる。ビルの壁面の巣は毎年、ビルを管理する「アトレ ボックスヒル取手店」が、糞(ふん)の落下防止とヒナの保護を兼ねて設けた台の上に作られる。駅の通路に面した3階の大手コーヒーチェーン店のロゴの一部「S」の上にも巣があり、親鳥が顔をのぞかせる。

続きを読む

横綱稀勢の里、休場届け出…全治1か月の診断書

 大相撲夏場所11日目の24日、横綱稀勢の里(30)(田子ノ浦部屋)が日本相撲協会に休場を届け出た。

 左大胸筋と左上腕二頭筋の損傷で全治約1か月との診断書を提出した。稀勢の里の休場は、大関時代に右足親指を痛めて千秋楽を休んだ2014年初場所以来2度目で、横綱になってからは初めて。11日目の玉鷲は不戦勝ちとなる。

 稀勢の里春場所13日目の日馬富士戦で左大胸筋や左上腕二頭筋を痛めながら、強行出場して逆転優勝。その後の巡業を全休し、今場所は3場所連続優勝を目指して土俵に上がっていたが、10日目までの成績は6勝4敗だった。

2017年05月24日 09時28分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

英、テロ脅威レベル最高に 自爆犯は「22歳」

f:id:obaco:20170524110718j:image

大きな爆発音がしたコンサート会場周辺を警戒する武装警察官(22日、英中部マンチェスター)=AP

 【ロンドン=小滝麻理子】英国のメイ首相は23日夜、中部マンチェスターでの自爆テロ事件で22人が死亡したことを受け、テロに対する警戒レベルを「厳しい(シビア)」から1段階引き上げ、5段階の最上位の「クリティカル(危機的)」にしたと発表した。さらなる攻撃が警戒されることを意味しており、主要な観光地や繁華街などで軍隊が出動し、厳戒態勢を敷くことになる。
 最上位レベルへの引き上げは、北部スコットランドグラスゴー空港の建物入り口に四輪駆動車が突入し炎上した事件が起きた2007年以来。

 メイ首相は23日午後、マンチェスターを訪問し、治安当局と協議。その後、同日2度目の治安当局を交えた閣僚会議を開催し、情勢への検討を重ねた。テロ事件が単独犯ではない可能性が排除しきれないことなどから、警戒レベルの引き上げを決めたという。

 一方、警察当局は同日、自爆テロの実行犯がサルマン・アベディ容疑者(22)と見られると発表した。英メディアによるとマンチェスター生まれで、両親はリビア人の移民だと報じている。

2017/5/24 8:29    日経新聞