今日のニュース

気になったニュース

敗れた白鵬、土俵下で1分間アピール 立ち合いに不満

f:id:obaco:20171123041504j:image

嘉風に敗れた白鵬だが、審判にアピールしなかなか土俵を下りなかった=河合真人撮影

 22日にあった大相撲九州場所11日目の結びの一番で、全勝の横綱白鵬が関脇嘉風に寄り切りで敗れた。しかし、白鵬嘉風が勝ち名乗りを受ける土俵に上がろうとせず、首をかしげたり、腰に両手をあてたりして立ち合いが成立していないと約1分間アピールした。その後土俵に上がったが、嘉風が軍配を受けても今度は土俵を下りず、不満そうな様子を見せた。
 嘉風はテレビのインタビューに対し、「横綱は『待った』と思って力を緩めたが、行司の『残った』の声が聞こえたのでそのまま続けた」と話した。白鵬は納得のいかない表情で土俵を後にした。

 支度部屋に戻った白鵬は、報道陣から「待ったという感じですか」と聞かれ「まあ、そんな感じだね。(ビデオで)1回でも見てもらいたかった。納得いかないわけじゃないけど、やっぱり呼吸が合わなかった」と語った。

2017年11月22日18時48分    朝日新聞デジタル

続きを読む

ジンバブエのムガベ大統領が辞任…独裁37年

 【ハラレ=木村達矢】ロイター通信などによると、アフリカ南部ジンバブエムガベ大統領(93)は21日、議会の議長あてに辞表を提出し辞任した。

 議会は同日、ムガベ氏の弾劾だんがい手続きに着手していた。1980年の建国時から37年にわたり同国を独裁的な手法で統治してきたムガベ氏は、軍や側近らの離反を受けて辞任に追い込まれた。

 ムガベ氏は辞表の中で「円滑な権力移行を進めるため自発的に辞任する」と表明したという。

 ムガベ氏の辞任により、与野党が参加する暫定政権が設けられ、次期大統領選が行われる見通しだ。後任には、今月6日にムガベ氏に解任されたムナンガグワ前副大統領(75)が有力視されている。

 首都ハラレの議会周辺には大勢の市民が繰り出して、国旗を掲げたり、車のクラクションを鳴らしたりしてムガベ氏の辞任を歓迎している。
2017年11月22日 01時18分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

米、北「テロ支援国」再指定…大規模追加制裁へ

f:id:obaco:20171121124115j:image

20日、米ホワイトハウスで、閣議に臨むトランプ大統領(中央)=AFP時事

 【ワシントン=大木聖馬】トランプ米大統領は20日、ホワイトハウスで行った閣議の冒頭、北朝鮮テロ支援国家に再指定すると発表した。

 国際社会で北朝鮮の一層の孤立化を図る狙いがある。北朝鮮が強く反発するのは必至だ。

 テロ支援国家の指定により、対象国に対する武器禁輸や人道目的以外の経済支援停止など、独自制裁が可能となる。ただ、米政府はすでに同様の制裁を多数発動しており、再指定は政治的な意味合いが大きいとみられる。

 20日にホワイトハウスで記者会見したティラーソン国務長官は再指定の影響について「実際的な効果は限定的かもしれないが、いくつかの抜け穴をふさぐことを期待している」と述べた。トランプ氏は米財務省が21日に「非常に大規模な追加制裁」を発表するとも明らかにした。
2017年11月21日 12時13分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

太陽系外から飛来、珍しい「葉巻形」…小惑星か

f:id:obaco:20171122122204j:image

太陽系外から初めて飛来したとされる小天体のイメージ図(欧州南天天文台提供)

 【ワシントン=三井誠】米ハワイ大などの研究チームは20日、先月発見された、太陽系の外から来たとみられる小天体が、太陽系では珍しい「葉巻のような形」だったとの研究成果を発表した。

 当初は彗星すいせいとみられていたが、彗星に特有なガスなどの噴出物が確認できないため、小惑星とみられる。論文は20日付の英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。

 小天体は、ハワイ大のチームが先月19日に発見し、ハワイ語で「初の偵察者」を意味する「オウムアムア」と名付けた。今回の詳細な分析により、形は細長い棒状で、長さは400~800メートル程度であることがわかった。軌道の分析で、太陽系外から初めて飛来した小天体であることも改めて確認した。葉巻形になった理由ははっきりしない。
2017年11月21日 10時42分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

8千年以上、仲いいワン 最古の飼い犬の壁画、発見か

f:id:obaco:20171118123559j:image

犬が刻まれた壁画(人や犬が目立つよう加工されたもの)。右側の2匹、中央の1匹は首にひもをつけられている=研究チームのMaria Guagnin氏提供

 サウジアラビアの砂漠地帯で、岩肌に刻まれた犬の絵が見つかった。首にひもをつけられ、狩りを手助けする姿が描かれていた。8千~9千年前に彫られたとみられ、世界最古の飼い犬の壁画の可能性がある。ドイツの研究チームが16日付の専門誌に論文を発表した。

 マックス・プランク研究所のチームが、世界遺産に登録されているサウジアラビア北部の壁画「ハーイル地方の岩絵」を調べた。見つかった犬は少なくとも349匹。丸まった尾、とがった耳、短い鼻など現在の「カナーン・ドッグ」という犬に似た特徴を持ち、狩人と一緒に描かれていた。

 ガゼルやアイベックスなどの動物を追い立てる犬の群れや、首にひもをつけられ、人に引かれる犬も複数見つかった。人と一緒に大きなライオンに立ち向かう壁画もあった。

続きを読む

暴行騒動、理事改選の思惑絡む? 親方2人、崩れた蜜月

f:id:obaco:20171118132609j:image

事情聴取を終えて国技館を出る横綱日馬富士=17日午後9時25分、東京・両国、嶋田達也撮影

 問題発覚から4日目。大相撲の横綱日馬富士(33)が17日、幕内貴ノ岩(27)にけがをさせた疑いで鳥取県警の事情聴取を受けた。現役横綱の聴取という異例の事態に相撲界やファンに動揺が広がるが、貴ノ岩の骨折は「疑い」にとどまると日本相撲協会が公表するなど、真相はまだ見えてこない。
 日馬富士貴ノ岩の師匠、伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)と貴乃花親方はともに協会の理事を務める。来年初場所後には理事改選がある。今回の騒動はその理事選への思惑が絡んだ、との見方が角界では根強い。

2017年11月18日08時59分    朝日新聞デジタル

続きを読む

日馬富士が暴行認める 任意聴取、ビール瓶は否定

f:id:obaco:20171118132105j:image

任意の事情聴取を終え、両国国技館を出る日馬富士(17日午後、東京都墨田区

 大相撲の横綱日馬富士(33)=モンゴル出身=が鳥取市内で平幕の貴ノ岩(27)に暴行し負傷させた問題で、鳥取県警は17日、日馬富士を任意で事情聴取し、日馬富士は暴行を認めた。捜査関係者への取材で分かった。一連の問題では、貴ノ岩について内容の異なる2種類の診断書があったほか、暴行に関する関係者の証言に食い違いもある。県警は暴行内容や経緯の解明を急ぐ方針。
 県警の事情聴取は東京・両国国技館で行われた。聴取を終えた日馬富士は午後9時15分ごろ、国技館で車に乗り込んだ。口を真一文字に結び、硬い表情を崩さなかった。

 捜査関係者によると、日馬富士は10月25日夜から同26日未明にかけて滞在した鳥取市内の飲食店で、貴ノ岩の生活態度を注意した際、スマートフォンを操作しようとしたことに激怒し、貴ノ岩の頭部を素手で殴るなどしたとされる。日馬富士は県警の聴取に「ビール瓶では殴っていない」と説明したという。

続きを読む